カテゴリ:出来事( 105 )

心理学的思考の重要性

e0027033_16362431.png5/18(月)は、こまやんと久しぶりに飲みに行ったのだが、一般に会話する場合の10分1の言葉で正確な意思の疎通が出来る事を再確認した。
と言うのも会話の節々に統計学による言葉の概念を尊重した体系的な心理学の知識が前提にあったからだった。
勿論、『言葉の要約』※1.についてこだわるのも社会心理学を専攻してきた者の性癖としてあると思う。
※1.『好意的←→非好意的』,『快←→不快』とか、こころについての概念は目に見えない。しかし、それが存在する前提で論理を構築しなければ説明のしようがない。この見えない用語の事を『構成概念(composition concept )』と言い、心理学では因子分析と言う統計手法を持って、この集約された用語の妥当性を検証する。

要するに「いかに解り易く、かつ、正確に説明できるか」そして「その話が面白いのか」をお互いが念頭において話しているのだ。

面白さは兎も角、通常、なにがしかの事象に対して事の正否を論じる場合、正しいとか間違ってるとかで会話が進みやすい。
また、「なぜ」という原因を問いかける場合、1要因を持って答えとすることが多々ある。
これはこれで日常の会話としては成り立つ場合が多い。

しかし、あまたの社会現象や『こころ』を取り巻く構成概念について論じる場合、心理学者(とりわけ社会心理学者)は、有意水準多因子を念頭において話をする。
だからと言って「この事象はこの因子において95%の有意水準でありうる」とか「この事象の第1因子は○○で、寄与率が0.57くらい」とか野暮な会話をするわけではない。
通常の会話と同じく「多分」とか「だいたい」とか言ったりする訳である。
少なくとも心理学者が絶対に間違ってはいけないのは、因果関係と相関関係の違いである。
おおよその人は
「どうしてそうなったの?理由を説明して!」
と言う問いに答える場合、一つの原因を説明しなければならないと思っている場合が多い。
しかし、選挙結果と言う社会的事象や、喫煙行動と言った心の構成概念など、大半の出来事ついて説明する場合、相関関係を持って論じなければ正しくない場合が多い。
要するに、「関係はあるけど、お互いが原因や結果とは言いきれない」事を前提にしているかが重要なのである。
これが相関関係を念頭に置いたものの見方であり、正しく心理学を体得してきたものは、やおら断定表現を用いる心理学者モドキには敏感である。
これは未来についても言える事で、「予測はできるけれども、あくまでも確率を前提にしている」重要性を度外視しては失格となる。

それでは『何%の確率』とか言っているけど、具体的にそんなもの計算できるのだろうか?
答えは『勿論』である。

前述で『有意水準』と『多因子』と書いたが、これをもっとくだいて書けば
前者は「何%の確率でそれが言えるか」であり、後者は「事の因子となっているのは第何番目の因子でどれくらいの説明率を持っているか。」と言い換えてもいい。
統計学の検定や確率式で言えば、前者がχ2検定t検定分散分析無相関検定などであり、後者は相関分析重回帰分析因子分析多変量解析などで、
これらのデータの集め方と計算式は正確に決められており、その中核をなす概念が正規分布ピアソン(もしくはスピアマン)の相関係数である。
前者が事象の確率分布における法則であるのに対し、後者は将来予測に用いられる寄与率と言ってもいいだろう。
どちらを計算するにしても、根本的に必要な値は平均値と分散(もしくは標準偏差)だけである。
前者は言うまでもないが、後者は、散らばり具合のことで、平均値からの距離と言ってもいい。
兎に角、この2つの値が算出できれば、図の正規分布グラフが書ける事になり
前述の検定や解析ができることにもなる。

パソコンと言うかEXCELがない時代には、この計算について、なかなかホワイトボックス化が無理で、説明が難しかったのであるが、
今やEXCELがあれば、中学レベルの数学(方程式、順列組合せ、集合)が理解できているのであれば、それほど理解が難しいものではない。
※DOS時代(Windowsがない時代)にもマルチプランでできたのであるが。
難しいと感じるのは、統計用語自体が日常とかけ離れている事と、統計式自体が、最初は解り易いのに、積み重ねたらボリュームが大きくなってしまうからである。
少なくとも心理統計に用いられるのは四則演算とべき乗や√のレベルに過ぎない。

もし時間のある人は、以下の早稲田大学のeラーニングを観てもらえれば
そんなに難解な事を言っている訳ではないことが解ると思う。
※視聴にはiTunesのインストールを前提にしています。
 iTunesが入っていない人はコチラよりダウンロードして下さい。

初心者に統計学をイメージしてもらうには
入門統計学 / 向後 千春 Introduction to Statistics

EXCEL(表計算)がある時代の統計学の教え方
統計学I / 向後 千春 Statistics I
統計学II / 向後 千春 Statistics II

by jun_hara | 2015-05-20 17:56 | 出来事

朗報

e0027033_124711.jpg


僕の部屋に来たことがある人は知ってると思うけど、あの面倒くさい歩道橋。
旅行へ行く時、カメラ調査している人に聞いた話だけど
なななんと、撤去されて信号に代わるそうです!
来年1月完了予定だそうです!
長年の夢がかなったような気分。
来年みんな見に来て!

今回の写真は旭山動物園のペンギン達です。
by jun_hara | 2013-11-25 00:59 | 出来事

形あるものは



先週20年以上使ってきたコーヒーメーカーの器の部分を落としてしまい砕け散ってしまたので
思い切って買い換えた。
といってもアマゾンで1,709円だから即決。
お世話になった先代のコーヒーメーカーは感謝して廃棄する。

後、こちらも20年くらい使い続けた固定電話の子機が完全に使えなくなっている。
原因がどうやら親機の発信部分らしいので全面買い換えになる可能性大。
親機を分解して調査し原因を突き止めたい気持ちもあるが、おそらく親機の買い換えとなるだろう。
しかしこちらは買い換えるかどうか思案している。
と言うのも殆ど実家との連絡くらいだし、
仕事柄FAX機能が必要な場合があり、そうなると今の子機着きの固定電話って異常に高い。

それとWindows8.1にしてからIEがよく固まる。
Windows7に戻したいくらい。
しかしこれは仕事柄、最新の環境の不具合発見も仕事のうちなのでしかたがない。
恐らくレジストリの最適化をすれば良いみたいだけど、それ用の専用ソフトがこれまた高い。
今のところ、耐えられるレベルなのでなんとかしのいでいるが。

なんかここの所、何かと物いりだけど、よく考えて対処しなければ。
by jun_hara | 2013-11-16 22:22 | 出来事

水谷マジック



今日はあきゆみこのメインボーカル収録、ミックスダウン、マスタリングのため吉祥寺スタジオ・レダまで行ってきました。
4曲収録に11時開始で完了した時には18時をまわってました。

いつも通りアキユミちゃんは緊張状態のままボーカルをしたため、かなりの苦戦状況に。
まーこれはレコーディング初体験の場合、避けては通れない道なのです。

限界までテイクを重ねた後、水谷さんによる補正マジックの登場。
まるで初音ミクを操るがごとくあれよあれよとピッチが補正されていきます。
この手さばきにはアキユミちゃんも「じぇじぇじぇ!」状態。

それにしても水谷さんのアーティストに接する物腰には敬服します。
超一流のエンジニアだからかもしれませんが、
決して高圧的にはならずアーティストの要望以上のものを引き出していくのです。

その後、ミックスダウンが始まり、各トラックの音に命が吹き込まれていきました。
そしてマスタリング。
水谷さんはミックスダウン段階でおおよそのマスタリングは終えているので、ほぼ曲間だけの調整。
最終的にマスターCDが完成するにはISRCコードの取得が完了し
メールにて水谷さんに連絡しCDに埋め込んでもらいます。

ちなみにISRCコードの申請には曲長を入力しなければいけないので
ミックスダウンが終わらないとできないのです。
実は昨年、自身のCD作成の際、ISRC申請を先走ってミックス前にやってしまったため
曲長が14秒以上ずれてしまい
再申請が必要だったという苦い経験をしていたのです。

最後に営業用とISRCコード申請用のために持参したCD-R2枚に音源を焼いてもらい
レコーディングデータは僕のUSBメモリに入れてもらって帰路につきました。

帰宅したらブートロックの岡野さんからメールにてCDジャケットデザイン用の規格データ(テンプレート)が届いていました。
これで10月26日土曜日のCDジャケットデザインができます。

発売は来年3月予定なのでプロモーションビデオ作成にもじっくり取りかかってみます。

それにしても今回の動画ですが、別にAKBのファンではなく、
唄とダンスの完成度がすばらしいので埋め込んでみました。
アレンジについてはアース・ウィンド・アンド・ファイアーとモー娘のLOVEマシーンをパクったようにも聴こえるかな。
でも大島優子はかわいいかも。
by jun_hara | 2013-10-20 21:49 | 出来事

雨の街を



台風が接近する中、アキユミちゃんの流通交渉のため、一年ぶりに外苑前のブートロックまで行ってきました。
さすがに今日は早く帰宅するにかぎります。
アキユミちゃんは無事に田舎の家までたどり着けたのだろうか。

さて、メインボーカル収録、ミックスダウン、マスタリングは10/20(日)に吉祥寺のスタジオ・レダにて一日がかりです。
といっても僕は後ろで聴いているだけですけどね。

全国発売は来年の2月か3月の予定。
後はCDパッケージのデザインとか、営業戦略とか、かな。
ない知恵を絞ってみます。

それにしても明日、出勤大丈夫か。
なんなら電車は早めに不通を知らせてね。
by jun_hara | 2013-10-15 20:22 | 出来事

まめぶ汁~!

e0027033_23181371.jpg
予想以上の旨さ!
シェフひろみばっぱに感謝!
by jun_hara | 2013-10-10 23:19 | 出来事

秋の気配



東京はすっかり秋です。
それにしてもハードな9月後半でした。
詳しくは落ち着いたら書く...かも。
とりあえず年内のライブは今日で終了の予定...かな。
後はあきゆみこ
・ミックスダウン・マスタリング立ち合い
・CDジャケットデザイン作成
・プロモーションビデオ作成
・流通手続き
とか
ぶらり一人旅とか
セミナー参加とか
殆ど土日祝は埋まってるので。

一応何があったか自身の予定表から一覧にしておきます。

平成25年9月15日日曜日
●16:50明日に架ける橋サンデーライブ練習

平成25年9月16日月曜日
●17:00御茶ノ水KAKADO出演

平成25年9月21日土曜日
●17:00ソロ30周年記念 鈴木康博ライブ鑑賞

平成25年9月22日日曜日
●6:50新宿都庁~【富山県】 宿泊バスツアー

平成25年9月23日月曜日
●22:00新宿到着

平成25年9月25日水曜日
●19:30吉祥寺レダにてミックスダウン打ち合わせ

平成25年9月26日木曜日
●17:20ネクストサンデー出演

平成25年9月27日金曜日
●19:30四谷コタン カシアス復帰ライブ鑑賞

平成25年9月28日土曜日
●通院
●13:00護国寺練習
●19:00桜井昌宏復帰ライブ鑑賞
●ライブ後打ち上げ

平成25年9月29日日曜日
●明日に架ける橋サンデーライブ出演
by jun_hara | 2013-09-29 19:23 | 出来事

父の1周忌と日比谷野音90周年


9/8は父の1周忌。
午前10時より法要があり11時過ぎに終了。

その後、僕は宴席には出ず、叔父に魚住駅まで送ってもらい、新幹線で帰京。
午後16時からの日比谷野音90周年ライブカシアスの3人と向かった。
チケットは海援隊の千葉さんの伝手で良席チケットを入手させて頂いていた。

ところが本番が始まるとともに雨が降り出し、
その雨は強まるばかりで豪雨となり、2時間もたたずに急遽終演。

その後4人で飲みに行くため銀座のカチカチ山へ。
来年はカシアスのCD全国発売制作に関わらせてもらいます。
談笑は3時間近くに及び、帰宅したらすっかり23時を過ぎていた。

現在読んでいる本
半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)
by jun_hara | 2013-09-10 01:33 | 出来事

永遠の0


なんか長い休みの間にこの国のいろんなところを巡ったり、いろんな発言のYOU TUBEを観たからか
歴史についてもっと読んでおけばよかった本とか、観ておいたら良かった映画・映像が次々に出てくる。
そして、もっと断片的な記憶をつなぎ合わせて現在と照らし合わせて人に語れるくらいにしたくてたまらない。

かといって、僕は本を読むのが遅く、かつ、面倒くさがりなので、
ついついYOU TUBEやDVDで代わりの映画・映像がないか探してしまう。
DVDを観ていたら、登場人物や時代背景についてWikipediaに頼ってしまう。
本当はもっと活字を読んで行間を見抜けるほど複眼的に勉強をしたほうがいいのだけど。

今、読んでいる本は今冬に映画になり、本屋大賞にもなった永遠の0
これは小説のせいか、思いの外つっかえずに読み進められる。
500ページ以上あって通勤時間と昼休みだけしか読まなくて、まだ100ページにも至ってないけど。
by jun_hara | 2013-08-19 23:34 | 出来事

再会

今日はスイスから帰国している荒川さんと彗ちゃんに再会した。
まさに朋あり遠方より来る、また楽しからずやである。
11時に木場駅の改札で待ち合わせた後、深川ギャザリアへ。
フードコートで談笑し、一通りフロアを案内した後、タクシーを使ってゴマ屋で昼食。
その後、僕の部屋に来てもらい夕方まで談笑した。
話しはいくらでも続いたけど、夕方に江古田へ行くのを聞いていたので、16時半に二人を駅まで見送った。

次回の帰国は来年の秋ぐらいにしたいとのことなので、それまでは東京で首を長くして待っていたい。
by jun_hara | 2013-07-30 23:51 | 出来事