<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

舞台人

e0027033_3563880.jpgなんか今、由井さんのサポートライブの打ち上げから帰ってきて、スセリさんの10/27ブログを読んでいたら、「スセリさんもそういう経験しているのね...」って、じわ~っとなった。
僕はプロの芸人ではないのでここまでの情熱というか思い入れはないのだけど、同じ舞台に立つ人間としては共感連続のお言葉!そうなんだ。プロアマ関係なくお金を払って観に来てくださっているお客様を前に舞台に立つのなら、こんな経験は当たりマエダのクラッカーなのだ。←古~。

今日の由井さんのステージはいつも以上に安定してしっくりした舞台になった。
これもリハに現れたスセリさん効果なのだろうか。←違います。
ともかく今日も気持ちよい打ち上げになってこの時間に帰宅。
タクシーから観える真夜中の都心の風景を眺めながら「何時までこんなことができるのだろうか...」と思いながら門仲につきました。

遅ればせながら、悪天候の中、火曜日の天窓comfortに来て下さった皆様ありがとうございました。おかげさまで間違えながらも無事?終了することが出来ました。

セットリスト
1.かわりばえのしない毎日 with a A.Guitar( and on E.Bass by P-TARO)
2.隠れ家 with a A.Guitar( and on E.Bass by P-TARO)
3.雨の街を(荒井由実カバー) with a A.Piano( and on E.Bass by P-TARO)
4.生まれた街で with a A.Piano( and on E.Bass by P-TARO)
5.女友達 with a A.Piano( and on E.Bass by P-TARO)

今回の写真は開店前のコタンの客席です。googleで検索してかっぱらってきた写真です。
by jun_hara | 2006-10-28 03:50 | 出来事

雨の日と月曜日

e0027033_0465578.jpg今日行きつけのクリニックに行ってきた。ここ1週間以上続いている偏頭痛のため。まずは血圧を測ってもらったのだが、上が110、下が90。あまりいい数値じゃないらしい。少なくとも高血圧ではない。またギリギリ低血圧でもない。では何かというと上下の値の間隔が狭すぎるとのこと。こういった場合、頭痛などの変調を起こす場合もあるとのこと。念のため精密検査ができる病院で検査してもらえるよう紹介状を書いてもらうことに。ここで選択肢が2つあるらしく、順天堂などの大病院だと少なくとも2週間以上、だいたい1ヶ月くらい待たされるらしい。もう一方は脳神経を専門としている病院が江戸川区の葛西にあらしく、こちらならそんな横柄な事を言われないらしい。勿論ここでは後者を選択。紹介状は明日貰いに行く。

今日はスセリさんのエッセイ集発売後、初めてのライブなのでコタンまで行ってきた。
月曜の雨の中、客席は補助椅子を出さなければならないくらい盛況だった。何時もならジントニックをたのむのだけれど、ここは頭痛にならないよう我慢してウーロン茶とガーリックチャーハンにした。開演後は1番手からトリのスセリさんまでバラエティにとんでいて1500円だと安い内容。詳しい様子はコタンのHPのBBSで。

でもこれでしばらくはコタンでスセリさんのライブを観る事はないだろうと思う。というのも僕のようにコタンへすぐ行ける者なら他の会場を選んででも行ける訳だし、コタン出演者であるとスセリさんはリハにちょくちょく顔を出してくれるから。
コタンの座席は遠方から来て下さった方や、初めてスセリさんのライブを観に来てくれる人達に空けといたほうがいいと思う僕なりの判断で。
まー次回10月30日のスセリさんの新作一人コント集はお邪魔させてもらうのだけどね。

明日は高田馬場四谷天窓comfortで自分のライブだ。そして週末金曜日はコタンで由井さんのサポート。観るのも出るのも芸のこやし。場数は必要なのだ。

今回の写真はご本人から直接買ったエッセイ集『負け犬すぎて、怪獣女のホンネの話』です。
by jun_hara | 2006-10-23 23:59 | 出来事

秋葉原へ

e0027033_21214632.jpg久しぶりに情報収集と買い物を兼ねて秋葉原へ行ってきた。日曜の銀座と同様に秋葉原は中央通りが歩行者天国になるのでかなり開放感があって都心にいながら気持ちよく歩ける。

門仲に住んでいると秋葉原へ行くルートは2つある。
一つ目は茅場町乗換えで日比谷線秋葉原駅下車
二つ目は日本橋乗換えで銀座線末広町駅下車

このうち最近は一つ目のルートを使う。以前は二つ目のルートを使うことが多かったが、それは末広町駅の出口が中央通りに面していて一番の繁華街に近かったからだ。しかし、つくばエキスプレス秋葉原駅ができてから街は様変わりした。
昭和通り沿いにヨドバシカメラマルチメディアAkiba(以下ヨドバシに略記)などができ、以前はただの駐車場だったところに秋葉原UDXなどの高層ビルが出来て人の流れが一気に変わってしまったのだ。そのお陰か日比谷線秋葉原駅周辺にもまるで全国チェーンの外食産業万博かのように多くの食事が出来る店が増えて活気があるのだ。ヨドバシのビル自体にも1階にヴィ・ド・フランスやネットカフェとしてBBパークwithサンマルクカフェなどがあって買い物や食事だけなら駅の東側にあたるこの界隈だけでことたりるようになってしまった。これまでPCに関してはラオックス ザ・コンピュータ館(通称ザ・コン)が中心にあってその周りを取り囲むようにPCパーツの店があっていわゆる僕らのようなオタク系はこのあたりを徘徊していた。今でもこの周辺はにぎやかであるが家族連れとか外国人とかは殆ど中央通りかヨドバシのビル内に客を取られてしまったのではないだろうか。

今回僕はMISICVOX(旧ラオックス楽器館)とザ・コンとヨドバシに寄ってきたのだけれどMISICVOXには殆ど人がいなかった。ザ・コンに関しては1FのPCフロアなどには人がいるものの以前のような活気はない。恐らくこれは従来のPCなど電子機器関係などを目的としたオタク族がネットで情報収集や売買ができてしまうこととも相関関係があるような気がする。僕は足をあまり運ばないが、メイドカフェなども実はこの周辺に集中しているのだけど街の規模から考えるとそれはまた別のことのような気がする。

さて今回の買い物はソフト(いきなりPDF)1,950円、本(レンタルサーバー完全ガイド)1,500円、miniSD(1GB)2,680円の3種。買いたい物や本は山のようにあるけど、何時もの事ながらイザと言う出費のために衝動買いはできるだけ我慢した。まーソフト以外は衝動買いに近いかな。でも本はともかくminiSDの1GBがこの価格なら買ってしまう。用途は携帯のメモリとして使うことでこれだけあれば容量を気にせずに音楽も収録できるし映像も撮ることができるから。なので今まで使っていたminiSD256MBは姉のもとへ行くことに。

買い物と立ち読みをすませてザ・コンを出た後、高架下の秋葉原デパートで一服。
最後にヨドバシを散策したのだがここの従業員教育は凄い。
僕のようなリュックをしょったオタクとわかる人間には買いもしないのに必ず丁寧な挨拶をしてくれる。恐らくオタクが秋葉原の情報発信地であることがわかっているのだろう。

今回の写真はヨドバシの1Fにある携帯電話の有料充電器です。100円で10分のと100円で20分との2タイプがあるそうです。
by jun_hara | 2006-10-22 22:32 | 週末

軽井沢へ

e0027033_7245496.jpg金曜日の朝頭痛の原因が右上の歯にあるのではないかと思い11時30分に歯医者へ行った。レントゲンを撮ったり歯茎のチェックをしてもらったけどバイキンが入っている気配はないみたい。念のため消毒をしてもらって終える事にした。

帰ってから長野県信濃追分駅前にある喫茶店プテロンで由井さんのライブサポートをするため長野新幹線に乗り込んだ。軽井沢に到着した時、外は霧雨模様。東京では薄曇だったけど雨の気配はなかったので傘を持参していなかった。まー軽井沢で使うことはないからいいのだけど。

4時前に信濃追分に到着し由井さんに迎えに来てもらう。今回のライブは音響機器の持ち込みと設定を全てこちら側で行わなければならない。由井さんは新たにYAMAHAのパワーアンプとパワースピーカを買っていてこれを持ち込み設定するのだけれど、これが結構重たい。特にスピーカは1個小さめの米俵ひとつ分くらいある。5時半頃にこれらの機材を持ち込んで1時間掛かりでセッティングし音響チェックをし終えた。いい塩梅である。プテロンにはアップライトピアノがあるので今回のサポートでは1曲だけこれを使う。

この日のライブは3組で、1組目が女性ユニットのスタンダードナンバーをジャズピアノアレンジで唄うスタイル。2組目は前回のフォークライブでもご一緒した依田さん。そしてトリが由井さんなのだ。集客をあまりしていてなかったらしくて、それほどお客さんはいなかったけど暖かいライブになった。と言うか店内では既に薪ストーブが炊かれていて殆ど冬支度状態。

ライブ終了後、ゆうげん荘で打ち上げを行ったのだけど、みんないい笑顔だった。が、僕は暫くして頭痛が再発したのでこっそり抜け出して部屋に戻った。毎夜こう頻繁に苦しむときついので月曜日にMRIのある病院を紹介してもらおうと思った。

e0027033_72520100.jpg土曜日は軽井沢民宿組合のHPリニューアルについて組合の役員三役の方達と会談。話しは順調に進んで現状のHPは全て却下し、新規作成することに決定。全面的にまかされることになった。会談終了後は帰宅の準備をして由井さんの仕事が一段落するのを待っていた。この日の軽井沢は前日の天気が嘘のように快晴。やっぱり軽井沢はこの澄み切った青空が似合うのだ。

帰宅してから荷物を片付け夕飯の買出しに門仲の赤札堂へ。
あんまり食欲もないので軽めの寿司とひじき、おから、それに伊右衛門2リットルを購入。それから次の日のためにフライ物とキャベツも。次にショップ99へ寄ってカフェラテと焼きそばの具財などを購入して帰宅。

結構、疲れていたのだろう。22時頃には眠たくなってベッドにもぐりこんでいた。
眼が覚めたら日曜日の朝6時半。それでこの文を書いている。
今日は各民宿の記載する内容についての説明文とアンケート用紙を作成しなければ。

今回の写真は上がライブ前のプテロンの店内、下が信濃追分駅から観た土曜日の浅間山です。写真をクリックして拡大表示してもらえれば、もっとわかりやすいかも。
by jun_hara | 2006-10-22 08:02 | 出来事

深川散策

e0027033_22483983.jpgここのところ頻繁に耐え難い頭痛に悩まされている。原因はなんだろう。数々のプレッシャーから解放された安堵感から堪えていた無理があふれ出したからだろうか。それとも運動不足と空気の悪い部屋で籠もっているからだろうか。それとも季節代わりの不安定な気温のせいなのか。もともと僕は頭痛持ちで数年に何度かこれに悩まされている。どんな原因にしろ思いつく対策をこうじなければならない。まずは薬の確保。バッファリンは胃を荒らすので、イヴを買う。同時に胃薬として太田胃散も買う。頭痛薬が効き出すのには服用してから30分はかかる。それに1日1回ならいいがそれ以上頭痛薬を飲むときつい吐き気に襲われる。そのためにも頭痛薬を飲むときには必ず胃薬も必要なのだ。しかしこれも一時しのぎなので、できうれば頭痛自体がなるべく起こらないようにしなければならない。大体僕の頭痛は血液ドロドロの状態が脳の血管を圧迫して起こりその痛みは眼球の裏を圧迫し顎までも達するという厄介なものだ。これをなんとかするためには新陳代謝を促す事が肝要なのだ。昨日はこれに対して長風呂に入りサウナと同じくらいの汗を流す方法をとった。しかしこれはかなりきつい。なぜなら汗をかくと同時に血圧も高くなるのできつい頭痛を伴う。実際、この時の頭痛は耐えがたく2時間にも及びフラフラで倒れそうになった。しかし身体をクールダウンさせると同時に薬に頼らず頭痛が治まって眠る事が出来た。
今日は適度に身体を動かす事と気持ちをリラックスする意味も含めて午後3時半頃から深川散策のため部屋を出た。そしてまずは清澄庭園と清澄公園まで歩き隣接する深川図書館を訪れた。清澄庭園は4時半で入れなくなるので入園せず脇のベンチで一服をした。その後江戸深川資料館を覗いてみた。こちらも5時に閉館するし、以前にも観て周った事があるので前を通り過ぎた。その後東京都現代美術館まで歩いた。こちらも入館は5時半までであるし、特に興味のある展示もしていなかったのでそのまま木場公園を通りぬけて東陽町のイースト21のアピタへ入った。ここでは夕食と朝食用のコーンフロストを購入したのだが店内を歩いている内に恐れていた頭痛が始まった。しかし薬を持参していなかったので痛みに耐えながら外に出て南砂のオーケーストアまで歩いた。ここに着く頃には頭痛も治まってホッとした。オーケーストアは深川圏内ではなんでも一番安いということで姉のお勧めなのだ。実際コーンフロストもアピタより10円安かった。おそらく自宅から近かったら僕も大半ここで食品を買い込むだろう。その後、永代通りまで出てカフェベローチェに入りアイスカフェラテとマフィンで一服した。時間も午後6時を周り陽も暮れてきたので木場方面へ向かいヨーカドーに入った。そして電器売り場で空気清浄機のフィルターがあるか聞いてみたのだけれど取り寄せになるということで諦めて、門前仲町の東陽電機まで行きフィルターを取り寄せてもらうようにした。それから帰宅したのだがほぼ4時間くらいの散策。さすがに足が重たくなっていた。帰宅してから夕食をとったのだが、酒のせいか頭痛が再発。しかし頭痛薬が早く効いてくれたので30分以内に痛みは治まりこの文章を書いている。願わくばこの頭痛が早くなくなって欲しいものだ。

さて話しは変わって来週NHKのその時歴史が動いたで白州次郎のアンコール放送をやる。
残念にも前回の放送を見逃していたのでやっと観る事ができるのだ。嬉しー!
白州次郎の生き様は今の僕にとって一番の憧れだから。

今回の写真は清澄公園の時計台です。
by jun_hara | 2006-10-18 23:32 | 出来事

油断大敵

e0027033_3504016.jpg日曜日に情報処理試験が終わった。おそらく惨敗だろう。でも受けてみてよかった。久しぶりにあの緊張感を味わったし、こういう機会がないと本腰を入れて勉強しようとはしないからだ。僕が受けたソフトウェア開発技術者試験(旧1種)は試験時間が午前が9:30~12:00、午後Ⅰ13:00~15:00、午後Ⅱ15:30~16:30とかなりハードな試験で自発的にこのような環境をつくるのは無理だから。まず午前については5割ほどしか自信がない。この試験は午前で7割とれていないと後の採点はしてもらえないので、ここで既にアウト。午後ⅠはSQL問題が中心でほぼ100%のできだろう。午後Ⅱはアルゴリズムの問題でかなり難易度の高い問題だった。とても1時間で解答できる自信はなかった。これで受かっていたらまさに棚ぼたで自分にとっても良くないだろう。さて、これをきっかけに次回の春試験に向かい本気で勉強をしている...自分を想像している...今はね。
試験終了後、アトリエ302へ行って来た。聞いてみると自分では忘れていたのだが、ほぼ2ヶ月ぶりなので驚いてしまった。通常は1ヶ月に1回行っているので時の流れは早いと感じてしまったのだ。まー精一杯頭を酷使した後に、髪を整えてもらうと気分もいい。この夜の空気はすでに秋の香りで南青山から表参道駅までの道程は心地よかった。

月曜日は由井さんのサポートをする日。今回は天窓が高田馬場に移転して初めての由井さんライブなのだ。天窓は移転して間がないのでお客さん自体が四ツ谷時代のようにくつろいで聴いてくれている雰囲気にはまだまだ至らない。先日、スタッフの橋田さんが「原さんなど出演者の方達がこのハコに音を刻んで味を出していければ...」と仰った気持ちが分かったような気がした。場所は決して悪くない。ただ、新しい常連さんがある程度できるのには2、3年はかかるのだろう。
今回の演奏は吉川店長がミキシングしてくださったこともあり、モニターのバランスがよく演奏し易かった。しかし油断していた。いつもやっている曲の演奏をかなり間違えてしまったのだ。
次の金曜日もやることだし、もう歳も歳なのだから間違え易い箇所は事前にチェックしなければ。
ライブがはけた後は何時ものメンバーで打ち上げ。
場所はさかえ通りにある甘太郎。店内は落ち着いた席で、吉川店長から嬉しいコメントをもらった由井さんはすこぶるご機嫌がよく話もはずみ、店を出る時には午前2時になっていた。

さて明日(正確には今日)はやっと秋のひとり旅紀行を書けそうだ。
なので今日の日記はこれでおしまい。おやすみなさい。

今回の写真も秋のひとり旅での訪問した場所です。詳しくは明日書きます。
by jun_hara | 2006-10-17 03:49 | 出来事

プレッシャーの多い日々

e0027033_21121624.jpgとうとう次の日曜に情報処理技術者試験がやってくる、って言っても自分で申し込んだのだけど。
何年ぶりかな~。試験なんて。一応3冊くらい本を買っていたのだけど全然読む暇がなかった。と言うより、だいたい申し込んで1ヶ月くらいたった8月半ばには勉強を開始していないと間に合わないのだ。なのに慌てふためいてせめて買ってきた本だけは読破しようとしているけど、「そんなこともあったねー」「そんな計算もあったねー」と言う状態でとても今の僕では太刀打ちできないようだ。しかし諦めが悪いのだろう。午前の問題はマークシートなのでと神頼み状態になっている。だいたい申し込んでからわかったけど「未だにこんな試験問題をやっとるのか。現場じゃ全然使わんし、そろそろVisual Basicも仲間入りさせたらいいのに」と逃げの言葉だけうかんでしまう。でも、今からでも来年の春(流石にこの秋は無理なので)を目指して出来るところまで勉強しておこうか。

うーんそれにしても次回の天窓comfortライブ出演がトリになってしまったのはいかがなものか。前回は1番だったのに....。
本当は2番目に出演するのが好きなのだな。それにその希望も言っていたのに...。
こうなったら日頃やってない集客努力をしないとバチがあたりそうなのだ。
兎に角、皆さん来て下さい。お待ちしてます。

ううう...こんなことばかり考えていると何年かぶりの頭痛が....。
そろそろ明日のために寝なければ...って、こんな状態で寝れるかー!

今回の写真も秋のひとり旅での訪問した場所です。詳しくは来週コラムに書きます。
by jun_hara | 2006-10-11 21:15 | 独り言

本格的に開始

e0027033_2234752.jpg今日から自己分析に迫るカウセンリングを本格的に開始した。
これから3週間に1度の割合で通うことになる。内容は感想も含めこの場では書けないけど。
時間をかけて自分探しの旅を開始したのだ。本当の自分よ、早く出て来い!

今日はMiiya Cafeの出演日。
リハの段階で全ての出演者のバッキングをすることになった。
こんなこと初めて。でも面白かったのだー。僕はやっぱり裏方の方が好きなのだな。
自分の出演時も客席と会話しながらで気持ちよく唄えたのだー。
そして新曲『遠距離恋愛』も無事唄えたので今後もやっていけそうなのだー。

セットリスト

1.かわりばえのしない毎日 arpegg. version with a guitar
2.生まれた街で arpegg. version with a guitar
3.甘い時間 arpegg. version with a guitar
4.遠距離恋愛 arpegg. version with a guitar
5.女友達 arpegg. version with a guitar
6.いくつもの星の下で arpegg. version with a guitar
7.夢を唄う arpegg. version with a guitar

今回の写真も秋のひとり旅での訪問した場所です。詳しくはコラムに書きます。
by jun_hara | 2006-10-08 02:22 | 週末

秋のひとり旅

e0027033_262565.jpgたった今秋のひとり旅から帰ってきました。今回の写真はその旅の一番最初に写したものです。詳しくは後日コラムに書いてみます。つっ、つかれた~。
by jun_hara | 2006-10-06 01:06 | 出来事

いつか冷たい雨が

e0027033_1101864.jpg土曜日最終週だった純情きらりの録画を姉が観に来て一度観たにも関わらず姉弟してビービー泣きながら観ていた。恐らくこの歳の姉弟の風景としては奇妙だろう。その後、録画しておいた電車男Finalも観て、姉にオタク(最近はオタと言います)のレクチャーをしたのだった。しかし僕がアキバ(秋葉原)に行くのはメイドカフェやフィギアやゲームなどとは全然関係ない。あくまで電気やPC関連か楽器やCD関連が目的。

しかし田舎者の多いところから便が良くなったせいかオタク狩りは許せない。渋谷のセンター街でチーマーをやっていたやつらも殆どが田舎者だった。これは職場にいた元チーマーから具体的な話を聞いているので確信持って言います。アキバでオタク狩りをやる奴は節度のない田舎者だ。恥を知れ!

話しは元に戻って結局姉は午前4時に帰っていったのでした。僕は前夜に徹夜していたのでフラフラ状態で就寝。
日曜日11時30分に目覚しを掛けておいたのだけど起床できたのは12時30分。
直ぐにYAMAHAのS先生に遅刻する事をメールして部屋を出た。今日のレッスンは僕の企画で『自分にとって印象深い曲のCDを持ってきてMCするコーナー』をやる事になっていたから。
それとO田さんに白州次郎の本を貸すことと、S水さんとS先生にフォークライブの参加返答を確認しないといけなかったので。企画は大成功!レッスンが終わった後ロビーで、いつもより1時間長くみんなと喋っていた。
ビルを出たら予想外の雨が降っていた。精神的にきつい日が続いたお詫びに自分の身体を久しぶりに癒しの森へ持っていった。やっぱ心身って繋がってるのね。身体がほぐれたら心も少し落ち着いた。帰ってきていろいろ溜まった残務処理をしたり、電話やメールをしていたらこんな時間になってしまった。明日は今日出来なかったPちゃんの練習用音源を収録しないといけない。残念ながら月曜日に東京からは離れられない。ちょっと予定がありすぎるのね。

今回の写真は先日コタンで由井さんをサポートした時の写真です。
by jun_hara | 2006-10-02 01:38 | 週末