<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうすぐ1月も終わり

e0027033_718032.gifえらい長い間書かなかったけど、最近記憶力が落ちてきたので、できるだけ間をあけずに書かなきゃ備忘録にならないなぁ。
まー休日出勤が増えるとこんなもんで、ただでさえ筆不精の僕がブログも面倒くさくなるのは仕方ないけど。

さて今回も作業予定から思い起こして書いてみる。
なんだかんだ言っても仕事以外は音楽のことばかりかな。

平成20年1月20日日曜日
島崎智子ライブ
昨年末にボブテイルの羽場さんから勧められた智子ちゃんが代々木上原にあるMUSICASAというクラシックホールでライブをやった。
ここは以前巨勢典子さんがコンサートをやった時訪れたことがあったので大体の雰囲気はわかっていた。
一応クラシックホールではあるが、一般に想像する堅苦しいハコではなくアコースティックなライブやパーティーをやるなら小奇麗なところと言った感じ。
駅からも近く、建物全体はコンクリート打ちっぱなしの構造で、安藤忠雄の設計っぽく感じる。
客席は100人くらいが座れるほどの大きさ。
この日は本人の努力もあったのだろう。ほぼ満席だった。
ここのピアノはスタインウェイのグランドピアノで、PAはつかない。しかしボーカルはマイクを使わないとバランスが悪いので勿論PA機材はある。
どうしてこのホールでレコ初ライブをやったかというのは、彼女の3rd CD "it"の収録がここで行われたかららしい。
本人はえらく緊張していた様子だけど、そこがまたこの子の面白いところで、本人の意思とは関係なく客席は笑いに包まれるのだ。
選曲は"it"からが中心になされていたが、僕が一番気に入っている『部屋にて (改「カフェにて」) 』もやったので満足できるものだった。
この唄がCDに収められていないのは少々残念だけど。
今後のライブ予定はまだないけど近いうちにまた行きたいものだ。

平成20年1月21日月曜日e0027033_6292573.jpg
秋山羊子ライブ
連夜のライブ散策ということでこの日は吉祥寺にあるSTAR PINE'S CAFEというハコ。前から一度見学してみたいと思っていたところで、ここはDrumsなどを入れたバンドも演奏可能なハコ。
音響はこれまで訪れたハコの中では1番かもしれない。
PAのバランスが良く、出演者の曲に合わせてリバーブやディレイがきちんとはめ込まれている。
本人への感想はメールで送ったけど、そこに書かなかったことも思いつくまま書いてみる。

羊子ちゃんの出番は4組中3番で、僕は全組を一応聴かせてもらったけど、他の3人が目当てのライブには行かないだろう。
これは好みの問題だけど、もう一度調べに乗せて聴きたいフレーズがなかったから。
どんなにうまい演奏や唄い方をされようがこれがなければ聴くに堪えない。
集客力からすればトリをやった子が一番なんだろうけど、僕にすればいい大人が聴きたい音楽とは思わなかった。おそらく売れるとか集客力とかは運が大きく、業界で力がある人間が後ろ盾になれば、数の論理では成功する。しかしそれに乗っかる聴き手のレベルについては?が離れない。
確かに皆、このハコに出るレベルだから技術的には問題ないのだろ。
しかしそれはメッセージが心に届くかどうかとは別問題だ。少なくとも僕は、出演者の唄に込められたメッセージを聴きにいっているので、演奏力だけを問題にするのなら、ジャズやクラシックのコンサートだけへ行けばいいのだ。

先日の羊子ちゃんのブログに書いてあった
わたしが人のライヴを聴くとき、歌詞を全部は追わないけれど、聴き取りにくいとストレス感じます。

というのが一番納得のいく答。
彼女はそれを分かっていて演奏している。
また、ピアノのライブは曲中ではえてして演奏者の横顔しか観えないが、彼女はそれに対してもちゃんと意識ができており、客席にメッセージが届くよう目線をできるだけ客席にむけるようにしている。
なんだか技術的なことを書いているようだけど、これって自分が聴いている立場を想像できないと、なかなか難しい。
唄はもちろん、こういったところの意識が聴き手の心をとらえるのだろうと思う。

帰り際、演奏者は自分のために来てくれた人達と挨拶をかわす。
しかし僕はこれが苦手である。
というのも行列が嫌いなのだ。
並ぶのも抵抗があるし、話している最中に後列が気になるから。
僕はアンケート用紙だけを彼女に手渡し帰ろうとしたのだけど、「じゅんさん一緒に写真を撮りましょうよ」と言われ写してらったのが今回の写真。
先日メールで送ってくれました。
この時は仕事でやつれた顔だったんだ...。007.gif
今はもっとすっきりした顔になっています。

平成20年1月22日火曜日
●DVD返却(舞妓Haaaan!!)
ここんとこちりとてちん以外ではあまり笑える作品を観ていなかったけど、これは結構気持ちいい映画でした。
スジはバカバカしいものだけど、テンポがうまく、最後まで退屈することはない。

平成20年1月25日金曜日
●DVD返却(ダビンチ・コードの謎)
これは映画に対する研究者の証言集で、主にマグダラのマリアの存在とペテロを中心に展開されている。
残念ながらミッション系大学を卒業しているのに、僕はキリスト教史について無知に等しい。
恐らく本編ともども姉が観たら感動ものだろう。
姉は日本史は皆目だめだけど、家族でノートルダム大聖堂を訪れた時のレリーフに対して解説していた時には「何時勉強したん?」と思うほど饒舌だったから。

e0027033_5191296.jpg由井KARAMUライブサポート
コタンでは2回目のダブルネックギターによるサポートだった。
このギターにはスタッフも出演者も、そしてお客さんもみんな食いついてくれる。
一番食いついてきたのはリハの時に遊びに来たスセリさんだったけど。
大体、アコースティックギターでダブルネックはオベーションしか存在しないし、日本ではほとんど出回っていないから。
ましてや12弦と6弦の使い分けをする必要性があまりないからだろうけど、僕の場合は初めて買ってもらったギターが12弦だったので、このへんのこだわりがあって購入したものだ。
結果は勿論成功で、演奏においてのダブルネックの必要性は聴いて下さった方達には納得してもらえた。
これでしばらくはライブサポートはないのだけど、そろそろイベントの企画と交渉を急がなくてはならなくなってきた。
今年のフォークライブは去年よりも増して東京での交渉と軽井沢での営業戦略が成否を分けそうなのだ。

平成20年1月26日土曜日
休日出勤で20時まで会社にいたのだけど、帰りに東陽町のベローチェで姉と待ち合わせ。
しばらく日本を離れていた姉が見逃していたちりとてちんを観るため僕の部屋に来るため。
OKスーパーで買い出しをして門仲に戻り、結局観終わったら午前1時を過ぎていた。

平成20年1月27日日曜日
●YAMAHAソングライティング
2時についたら、ほぼレッスンは終了していたらしく、みんなヘッドフォンをつけて発表会に向けての練習をしていた。
とりあえず、斉藤先生と発表会の日程について話などをしていたら、練習にめどがついたらしく今後の予定などを皆と話し合った。
発表会は例年通り5月25日日曜日に天窓comfortでやる。

●蛍光灯購入
帰りにビックカメラでキッチンの蛍光灯を購入した。っが、帰ってわかったのだけど寿命がつきていたのはインバータのほう。
しかたがないので門仲の東陽電気で本体を購入してきた。
えらい明るくなったけど。

そして休日出勤のため東陽町へと向かったのだった。
by jun_hara | 2008-01-29 00:19 | 出来事

そうだった

先日、コタンで対バンのトリであった大久保さんのMCで、「そう言えば忘れていたな~」ということがあった。
みんな今年初めてのライブなので今年の目標をMCなどで言ったりするのだけど、大久保さんは

「雨が降っていたり、外が寒かったりすると感謝したりできるようにしたい。
だってそんな時って部屋に帰れば雨の心配や寒さの心配をせずにすむことに気づくから。
そんな当たり前のことに気付けるようにしていたい。」

という事を仰ったのだ。

この言葉は僕にとって非常に印象的だった。
大久保さんのライブは決して派手なパフォーマンスやテクニックを魅せるライブではない。
淡々とありふれた日常を歌詞にして歌っている。

もしかしたらライブを楽しみにしてきた人には、大久保さんのステージを「面白いか。面白くないか。」の尺度で判断してしまうと後者の意見になってしまう人が多いかもしれない。
僕も大抵この尺度を持ち出してライブ鑑賞をしている時が多い。
でもそれってライブの定義を矮小化しているのじゃないかなと思った。

もう一度書いてみよう。
「雨が降っていたり、外が寒かったりすると感謝したりできるようにしたい。
だってそんな時って部屋に帰れば雨の心配や寒さの心配をせずにすむことに気づくから。
そんな当たり前のことに気付けるようにしていたい。」

そうなんだ。
僕は実際これを20代で経験している。
東京の姉の部屋に転がり込んで数日後、姉弟喧嘩をして、鞄一つで夜の街に飛び出した。
名実ともに宿無しになったことがあったのだ。
行くあてもなく、次の日のバイトへ行くまで護国寺に隣接した公園のブランコに座っていたり、有楽町線の始発電車に乗り込んで爆睡したりして過ごした。
そして荷物は駅のコインロッカーに入れてバイトは飯田橋でカレンダー印刷補助作業をして朝8時30分から夜9時30分まで働いた。
帰りは池袋の松屋で晩飯を食って、西口にあるカプセルホテルで宿泊し、本当は禁止だけれど洗面所で洗濯をして就寝をする。
こんな生活を1週間ぐらいしているうちに姉が安い部屋を見つけてくれて、4畳半風呂なし共同トイレの新大塚荘というアパートで1年くらい暮したのだ。
時代はバブル真っ最中だったけど、僕にとってはまったく関係なく、0からの東京暮らしが始まったのだ。
詳しくはコラムの新大塚物語に書いたっけ。

あの頃は本当に雨や寒さの心配をしなくていいことに感謝していた。
今思うと不思議な時代だったけど、そんな気持ちでいられることがとても人間らしくて幸せだと思っていた。

僕の今年の目標はいろいろ書いたり言ったりしたけど、一番大切なことは年初に関係なく、
何事もなく当たり前のように暮していけていることだけでいいのかもしれない。

偏頭痛を除いては...。
by jun_hara | 2008-01-16 23:55 | 独り言

ライブ初め

e0027033_1331511.jpgさて正月気分も一新し、今年の音楽活動についてなのだが目標は具体的に決まっている。
いずれにせよ去年より...いや、去年培った経験を土台にしてさらにステップアップしたものをやろうとしている。

具体的には3つあって
1.軽井沢フォークライブのグレードアップ
2.弦楽四重奏を含めた、未だかつてないバンドの結成
3.Favorites Artistsをブッキングした企画ライブ
なのだ。

そのために不可欠なのが自分自身の心身が健全であること。
なにをおいてもこれなくして成功はない。
100%は望まない。せめて今年の年末に「今回も精いっぱいやったね」と自分に言える一年になっていてほしいのだ。

平成20年1月10日木曜日
●17:00ボブテイルLIVE
今年のライブ初めは池ノ上のボブテイルで清水ひろみとのツーマンライブだった。
このハコは僕のような片手間にライブ演奏をしている者が出演できるところではない。
今回ここでできたのは土日祝ではない木曜日が、いつもなら敷居の高い出演者も出演できるようになったからだ。
普段レギュラーでやっているライブとは違い、今回は二人だけのライブなので一見さんやトリの方などの集客は望めない。
だからこそここでやって良かったと思う。
それは等身大の自分のライブが確認できるから。
今までのような形でライブをやっていると、出演することになんら緊張感もなく、当たり前のように出演して、当たり前のように対バンの演奏を聴いて終わるだけだった。
でもそれは知らず知らずのうちに自分のやっていることがぼやけてしまって、振り返ることもなくただただ時間が流れていくだけだ。
今回ここでライブ初めをやったことで、自分の力量を再確認でき、今後どうしなければならないかを考えるきっかけになった。
それはお金を払って観に来て下さる人達のことを考えると、とても大切なことだ。
来年の初めも今回と同じようなスタートをしていたいものだ。
約束はできないけどね。

セットリスト
1.Opening with a A.Guitar
2.隠れ家 with a A.Guitar
3.生まれた街で with a A.Guitar
4.女友達 with a A.Guitar
5.もう一度僕らは with a A.Piano(秋山羊子カバー)
6.乾いた九月 with a A.Piano
7.SHIGOSEN~子午線~ with a A.Piano


平成20年1月14日月曜日
●四谷コタンライブ
ホームグラウンドであるコタンのライブ初めは、やっぱり落ち着いてできた。
何といってもここは僕にとってはずすことのできないハコなんだ。
コタンは他のライブハウスにはない連携がある。
ぶつ切り状態で自分の出番が終わったら「はいそれまでよ」といったものはない。
出演する4組が紡いだ糸のように演奏をして行き、全体の空気が出来上がる。
そういった空間なのだ。
本当のライブハウスのあり方ってこういうものだと思う。
どんなに有名でグレードの高いライブハウスでも、このコタンのような熟成された空間はこの国にはないだろう。
人それぞれ好みはあるけれど、僕はコタンだけはこのままで存在してほしい。
僕が歌い続けられる間は。

セットリスト
1.Opening with a A.Guitar
2.生まれた街で with a A.Guitar
3.女友達 with a A.Guitar
4.そんな暮らしの中で with a A.Guitar(風カバー)
5.もう一度僕らは with a A.Piano(秋山羊子カバー)
6.SHIGOSEN~子午線~ with a A.Piano


今回の写真は明石海峡大橋です。
正月に帰らなかったけど、僕はこの写真を壁紙にして故郷を忘れずにいます。
by jun_hara | 2008-01-15 00:04 | music

年末年始

e0027033_275467.jpg遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
年賀状、年賀メールを下さった皆様
返事が遅くなって申し訳ありません。
この年越しにやるべきことがやっと終わって、このブログに書き込む時間ができました。
メールアドレスがわかっている方々には土曜日中に返信させていただきます。

左の写真は大晦日のゆうげん荘です。

さて何がそんなに忙しかったかというと、久しぶりに大掃除をやることにしたから...と言うのもあるし、ちょっと体調を崩していたこともあり、一段落したのが先程だった訳で...。
体調を崩していたと言っても、救急車で運ばれるようなものではなく、僕にとっては恒例の片頭痛が多発したのだ。
恐らく睡眠不足と連日の酒のせいでしょう。
まー、体のほうから信号を送ってくれていると思えば、それもありがたく思えるもんです....
って、言うのは大ウソ!辛いものは辛いのだ!

さて、昨年の総括もないまま、年を越してしまったわけだけど、とりたてて今さら昨年のことを振り返ることもないわけで、こんな僕が今まで通り、犯罪もすることなくなんとか平穏に暮らせているだけでも感謝すべきなのでしょう。

さて前回の書き込みからの出来事を作業予定から思い出して書いてみます。

平成19年12月29日土曜日
●午前中オープンラック入荷
玄関に山積みされた本や段ボールを片付けるためオープンラックを注文していたのだが、2週間経っても届かないので問い合わせをしてみたら、静岡にあるとのこと。
注文した会社が北九州とは言え、飛脚に頼んだのでもあるまいし笑えませんわ。
こんなええ加減な大手の配送会社は名前を出しておきましょう。小さいところだと書かないけどね。
ズバリ西濃運輸です!

兎に角、送付先の会社が追及してくれてなんとか午前中に届きました。
しかし、この日は昨年最後のライブの日でもあって組み立てる余力もなく、結局組み立てをしたのは年を越してからのことでした。

●Miiya Caféライブ
新しく生まれ変わったMiiya Caféでの初ライブ。
Miiyaさんが昨年の10月に電話で教えてくれた移転先の新しいハコをやっと拝めることができたのです。
2年ほど前から僕は移転を進言し続けていたのですが、まさかここまで手を尽くして立派なハコにするとは驚きでした。
恐らく去年ゆうげん荘へ訪れたことも、かなりMiiyaさんの気持ちを動かしたのでしょう。
新しいホームページも現在準備中で、こちらもプロのWebデザイナーに頼んで作成中だからここではあえて画像は掲載しません。
是非一度、現場へ訪ねて下さい。
特に女性にとって以前のMiiya Cafeとは天国と地獄くらい違いますから。
具体的には何が変わったかと言うと
1.トイレが洋式になり明るくて広くて清潔になった。
2.客席は禁煙になり、喫煙ルームがある。
3.舞台にセミグランドピアノがある。
4.舞台にドラムセットがある。
5.舞台に可動式スクリーンがありDVDなどの映像を映写できる。
6.CCDカメラが天井から3機設置されておりDVD録画ができる。
7.これまで通りMDは勿論CDにも録音ができる。
8.舞台照明が曲によって自由自在に操作できる。
9.10人は入れる綺麗な楽屋があり、その奥に衣装替え兼ボイストレーニング部屋がある。
10.何といっても客席が明るく広くなり清潔な印象に大変身。
などなどでしょう。

この日は去年最後の通常ブッキングの日であり、遅くまで盛り上がり、トリのアオヤマン(青山繁)や向井さん、竜ちゃんなどと終電がなくなるまで新しいハコ談義が続いたのでした。
僕の出演は一番大好きな2番手。
お祝いの新曲(SHIGOSEN~子午線~ )作成とカバー曲(もう一度僕らは)のコード解析のため寝不足だったので演奏はかなりきついものになりました。
しかーし、そんなことは100も承知。
こんな時はMCの方でお笑いキャラに変身するのだ。
対バンの連中には「小話ができるとは羨ましい」と言われた。
しかし、MCで小話した覚えはないのだけど...
でも結構笑ってもらえたので本人は満足しました。
2月はちゃんと練習してお笑いキャラを脱出しないと。
P太郎も戻ってくるし。
とりあえず忘れないうちにセットリストを書いておきます。

1.生まれた街で with a A.Guitar
2.女友達 with a A.Guitar
3.同じ海 with a A.Guitar
4.もう一度僕らは with a G.Piano(秋山羊子カバー)
5.乾いた九月 with a G.Piano
6.SHIGOSEN~子午線~ with a G.Piano


平成19年12月30日日曜日
●DVD返却(虹の女神、黄色い涙)
虹の女神は面白かった。
やっぱり上野樹里の出演する映画はハズレがないのだ。
黄色い涙は途中であほらしくなって観るのをやめました。

●ゆうげん荘 Office2000CD-R持参
●13:00組合HP説明会
●17:00お座敷ライブ忘年会
さてこの日は朝早く起きて東陽町までDVDを返却した後、恒例になったお座敷ライブ忘年会のため軽井沢へ向かった。
今回の目的はこれだけでなく、フォークライブ用のパソコンにMS-Officeを再インストールすることと、軽井沢民宿組合のHPのプレゼンテーションを役員の方達にすること。それからゆうげん荘事務所のパソコンの移行があった。
プレゼンテーションは大成功で、この説明は総会で是非やるべきということになった。
MS-Office再インストールについてはゆうげん荘の新入社員である市村君にやってもらい、その横で僕は、事務所のパソコンを解体していた。
しかし、ここでハプニングが!
取り出したハードディスクの中に在るべきはずのフォルダがないのだ。
どうやらNECのパソコンはハードディスクの物理コピーをガードするため、暗号化しているみたいだった。
四苦八苦しているうちに17:00になり仕方がないので移行作業を中断してお座敷へと向かった。

今回の参加者は10名くらい。
東京からは僕と小暮さんだけで、後は軽井沢在住のメンバーでした。
この傾向はいいことでフォークライブのスタッフや主力出演者はやっぱり地元民が多くなければね。
宴会は盛り上がり、終わったのは午前2時を過ぎていた。
兎に角この日は由井さんがかなり酔っていたので詳細は書かないけど大変でした。

平成19年12月31日月曜日
●ゆうげん荘PC移行
さて大晦日は小暮さんの車に乗せてもらい早く帰って大掃除をしようと思っていたのですが、ここでトラブル発生。
解体したパソコンを元に戻したのだけれど、OSが立ち上がらなくなってしまったのだ。
新しいパソコンにつなげてみるとハードディスクは損傷している気配はないし、接続ケーブルも破損していない。BIOSを初期設定に戻してもダメ。
ここまで来ると仕方がないのでNECに電話をしてハードディスクからアドレス帳だけでも取り出してもらうよう電話で注文することになった。
e0027033_28173.jpg
とりあえず新しいDELLのパソコンの設定を終えて帰ることにしたのだけれど、由井さんに信濃追分駅まで送ってもらったら既に夕刻で、左の写真のように無人駅がライトアップされていた。

新幹線では熟睡して気づいたら既に大宮駅だった。
東京駅を出て部屋に着いたのが既に19時を過ぎていた。
流石に連夜の寝不足で紅白を観ながら酒を飲んでいたら、21時には寝てしまっていた。
こんな早く大晦日に寝たのは小学生の頃以来だ。

平成20年1月1日火曜日
●1月4日5日分のだめ録画予約
●大掃除(トイレ掃除)
●大掃除(台所掃除)
●大掃除(風呂掃除)

さて年を越してしまった大掃除だけれどなんとか水周りだけは元旦にやり終えた。
何といっても水周りを掃除しなくて大掃除などあり得ないのだ。
これでちょっとは金運が向いてくれればいいのにね。

原家にとって元旦は姉の誕生日でもある。
暗くなって姉の部屋まで自転車で行き、実家から送られてきたアナゴや父が栽培した野菜などを駆使して、姉が母譲りの雑煮を作ってくれた。
見事に再現されていて、これからは正月に帰省しなくても美味しい雑煮が食べられると思った。
ただし姉が日本にいればの話だけど。

暫くとりとめもない話をした後11時近くになって初詣に行くことになった。
姉は年明けに深川不動産へだけ行ったらしいが、僕が何処へも行ってなかったので二人で富岡八幡宮(深川八幡宮)、深川不動産、洲崎神社へお参りに行った。
大晦日の夜とは打って変わり、元旦の夜は露店も閉まり静かなもんだ。

平成20年1月2日水曜日
●コーンフロスト、コーヒーペイパーフィルター、伊右衛門購入
●ボブテイル出演メール
●大掃除(ラック組み立て)
この日は昼まで爆睡していた。
その後、録画していた紅白を全編観たが、やっぱりこれはリアルタイムに観ないとね。
夜になって買出しのため東陽町のOKスーパーへと向かった...が、到着して初めて分かったのだが正月三箇日は休みなのだ。
仕方がないので、門仲に戻り、くすりの福太郎と赤札堂をはしごして、買出しを終えた。
夕食を済ました後、玄関に開封していないオープンラックを組み立てて、いらない本やゴミを処分していたら、正月2日目は過ぎていた。

e0027033_283257.jpg
平成20年1月3日木曜日
●12:00ライスボウル

さてこの日は待ちに待ったライスボウル観戦の日である。
何時もこの日は松枝と一緒に行っていたのだけど、今回は今までとは違う。
何といっても僕らの母校関西学院大学ファイターズが勝ち上がってきたのだ。

と言う事で昼飯で立ち寄ったイタリアンレストランで撮った松枝が左の写真。

試合開始は14:00からだったけど、12:00に東京ドームの総合案内所付近で待ち合わせをし、昼飯を食ってから入場するのが毎度のことなのだ。

e0027033_284354.jpg
去年までは空いている三塁側か外野席で観ていたのだけど、今回は初めて1塁側で応援することになった。
結果は下馬評通り、社会人代表の松下電工インパルスが勝ったわけだけれど、こちらの監督も関学出身。まるで関学の現役生vs.OBのような雰囲気だった。
負けはしたけれど、結構面白い試合だったので終了後、合唱した校歌「空の翼」の時には熱いものが込みあがってきた。

ドームを出た後、二人とも4日から出勤なので酒盛りはせず、後楽園駅横のマクドナルドで一服し帰路に着いた。

偏頭痛と便秘解消のためトイレに居たので、第1Qを見逃していたので、帰ってから録画してあった全編を観たのだけれど、やっぱり解説付きで観るとアメフトの奥深さが分かって面白いのだ。

平成20年1月4日金曜日
●大掃除(壁拭き掃除)
●大掃除(エアコンフィルター掃除)
●大掃除(音楽機器掃除)

そして4日は出勤日。
昨年からわかっていたけれど、早速残業のはじまり。
明日は清水さんとライブの練習の予定だけれど、日曜日は出勤する。
でも、いいのだ。
働けるうちに働いて、また働けなくなるようにならないため、辛抱が肝心
なのだ。
by jun_hara | 2008-01-05 02:09 | 出来事