<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨の東京

e0027033_2256338.jpg春一番が吹くし、寒の戻りがあるし、冷たい雨が降るし、その影響か土曜日あたりから風邪をひいてしまった。
まー熱はなかったのでそれほどしんどくはないけど、ちょっとこの週末はボーっとしていた。それにティッシュペーパーをこんな大量に使ったのも久し振りだった。
でも風邪をひくかぎりはバカでない証拠かもしれないし。
まっ、いいか。

今日から新しいプロジェクトが始まった。
場所は赤羽橋。一番の最寄駅は芝公園なのだけど。門仲からだとこの方が早いし大江戸線なのでラッシュも軽減されるのだ。
なんといっても朝の東西線東京方面は地獄だから。

さて今日は帰宅して嬉しい話があった。
今年の目標の一つである東京での自身がプロディースする企画イベントについてキャスティングとブッキングが完了したのだ。
かと言ってこれから準備が始まるのでホッとしたわけではないけど。
今年最初の努力精進の開始みたいなものだから。

後の目標は確かバンド結成だけど、こっちはまったく進めていない。
って言うか、牽引役を誰かかわりにやってほしいのだけど...。
その替りでもないが、バンドじゃないけど中川オサム&原淳の新ユニット結成が決まった。
勿論、中川さんは桜井昌宏さん、僕はP太郎と、それぞれ別のユニットを持っているのでその合間でやることだけど。
でも、これは僕が今までやってきた中で一番編曲し甲斐があるツインギター・ツインボーカルという編成なので非常に嬉しいのだ。
そして今週土曜日に僕の部屋で1回目の練習&レコーディングをする。

5月後半から6月上旬の週末はハードになりそうだけど、このワクワク感が楽しくて眠れないのだ。
でも健康第一だから、もう寝ます。

今日の写真は帰宅途中に観える東京タワーです。
by jun_hara | 2008-02-26 22:57 | 出来事

観葉植物

e0027033_9103670.jpg松の内はとっくに明けているのに、玄関の鏡餅が飾ったまんまだったので、置き換えるものとして先週の日曜日に観葉植物を買ってきた。
それが写真にあるガジュマルの木。
昨日で歳跨ぎのプロジェクトを終えた。
次のプロジェクトは来週の火曜日から参加する。

ここのところは公私とわず折衝や交渉や説明の連続でやや疲れ気味。
ちょっとできるだけ人間のいないところで本でも読んでいたいけどそうもいかない。
食っていかなければならないから。
年末年始の収支バランスが悪いし。
タイミングのいい仕事が出てきてしまったし。
理由をつければいろいろ出てくるけど、考えている余裕はない。
作業予定にない目の前に出てくることを事を一つ一つクリアして行くだけで一日が終わってしまうのだ。

そんなわけで最近の出来事は、書き出したらきりがないし、個人のプライバシーにかかわることが多いので、ちょっとやめておこう。

兎に角久しぶりに熟睡して朝早く目が覚めた土曜日の朝だ。

さて今日はカウンセリングへ行く日だ。
言葉のゴミを吐き出してこなければ。
by jun_hara | 2008-02-23 09:33 | 独り言

The Crossroads of My Life

e0027033_22567.jpg先日部屋を片付けていたら、10年前僕がライブ活動を始めた時のフライヤーが出てきた。
The Crossroads of My Life
日本語にすると人生の分岐点という意味だった。
振り返れば確かにあの時から音楽活動を能動的に始めることになった。
この時はMCを一切せず、キーボードだけでやったライブ。
思えば無謀なステージングだったけど、あの時の実験的にやっていたことは今でも肥やしになっている。

当時は毎回、自分なりのテーマというかスローガンというか、それを決めてから選曲をしていた。
他には
Fertile Soil and Good Familiesとか。
これは肥沃な土地と素晴らしい家族という意味だった。
この時は今ブームになっている環境問題をテーマにして、それを解決していくには人間にとっての一番大切な基本的社会集団である家族の信頼が必要だと思っていて
僕はギターのみで演奏し、エンディングには唱歌ふるさとを父のピアノをバックにして唄ったのだった。

あれから10年...何が変わったのだろう。
まず、基本的に現在の自分のライブではフライヤーやアンケートを作らなくなった。
ライブで伝えるメッセージについてはMCで直接言葉にすればいいと思ったこと。
そしてそのライブに対する反応はその時に自分で感じようと思ったから。
あくまでも僕個人のソロライブについてであるが。

前回のライブでは久しぶりにフライヤーを作った。
これはカバー曲が英語だったので日本語訳がないと自己満足になってしまうと思ったから。
曲目はビリージョエルのHonesty
訳文は10年前イギリスに留学していた姉に頼んだもの。
この曲はFertile Soil and Good Familiesの時もやった。

知人には何度も言っていることだけど、僕は自分自身を売り込むのは苦手で、自分個人を前に出したいとはあまり思っていない。
その反面自分の作品や企画が多くの人に届いてほしいということは変わっていない。
ただ最近、いろんな交渉をやっていて、自らが無名であることで、何倍もの説明が必要であることに苛立ちを感じることが多々ある。
いっそのこと自分のプライバシーを犠牲にしても、自分を前面に出してしまった後のほうが、どれだけ楽だろうと短気になったりもする。
でも、それは一時的な感情で、すぐに匿名性を感受できる東京での暮らしが自分に合っているということに戻ってしまう。

言いたいことはいっぱいある。
やりたいこともいっぱいある。
勿論思い通りにいかないことのほうが全然多いのだけれど
ゆっくりゆっくりとではあるが
それらのことを一歩ずつ一歩ずつ進めている。

恐らく多くの人たちはこの街で、形こそ違え、ゆずれないものを抱きしめながら生き続けているのだろう。
はいつくばって
はいつくばって
右往左往しながら...
by jun_hara | 2008-02-17 00:17 | 独り言

スキ・トラ

e0027033_22343054.jpg

3連休だったけど殆ど休んだ気がしない。かといって、充実した3日間だったかな。

土曜日は休日出勤で23時30分までお仕事。
でも今のプロジェクトは後2週間なのでできるだけ残務のないよう頑張らなければ。
そう思うと難しいプログラムの担当ではあるが「やったろやないか!」という気持ちになって励めるし。

日曜日は正月以来、大掃除。
部屋の片づけから始まって掃除、洗濯、買出し...。
これだけで1日のほとんどが終わってしまう。
18時からアトリエ302へ2か月ぶりのカットに行ってきた。
帰宅して、由井さんと東京~軽井沢間でのPC遠隔操作の接続設定テスト。
しかしこれがうまくいかなかった。
もう一度勉強しなおさなければ。
その後、軽井沢フォークライブの打ち合わせと僕が東京でやろうとしているライブイベントについてヘトヘトになりながら話していた。
お互い疲れていたのでかなりイラついた口調で話しをしていたから、「続きはまた明日」ということに。

月曜日はMiiyaさんが僕の部屋へ来てMiiya CafeHP作成のリニューアルをするためのスキ・トラを午後2時から午後10時までやっていた。
スキ・トラとは僕等の業界用語でスキルト・ランスファー(skill transfar)の略。
要するにプログラムの作成技術を伝授する事。
長い時間ではあるけど、後は多少のサポートだけでできるようになったのではないかな。

そして今からまた由井さんと電話会談の続きが...。

今回の写真は新しくなったMiiya Cafeの写真です。
HPがリニューアルされたら掲載される一部ですが。
by jun_hara | 2008-02-11 22:49 | 週末

Honesty

e0027033_0493299.jpg銀座Miiya Cafeライブで用意したフライヤーが足りなかったので、MCで言った通り今日カバーしたHonesty の歌詞と訳文を載せておきます。
そしてここ最近では一番の声で歌うことができて、この場にいて下さった人達に感謝しています。
本当にありがとう。

If you search for tenderness
It isn’t hard to find
You can have the lover you need to live
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind
It always seems to be so hard to give

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

I can always find someone
To say they sympathize
If I wear my heart out on my sleeve
But I don’t want some pretty face
To tell me pretty lies
All want is someone to believe

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

I can find a lover
I can find a friend
I can have security
Until the bitter end
Anyone can comfort me
With promises again
I know, I know


When I’m deep inside of me
Don’t be too concerned
I won’t ask for nothin’ while I’m gone

But when I want sincerity
Tell me where else can I turn
Because you’re the one that I depend upon

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you


オネスティ

やさしさを探しているだけなら
見つけるのは難しいことじゃない
一緒に暮らす恋人を見つければいい
でも真の誠意を求めているのなら
盲目にでもなったような気がするものさ
それはいつだってとても得がたいものだから

オネスティ - なんてさびしい言葉だろう
誰も彼も真実を語らない
心からの言葉なんて滅多に聞けるものじゃない
でもそれこそ僕が君から
一番必要としているものなんだ

自分の心をさらけ出しているなら
同情を示してくれる人はいつだって見つかる
でも綺麗な顔して綺麗な嘘をつくひとなど
いらない
僕がただ欲しいのは
心から信じることのできる誰かなんだ

オネスティ - なんてさびしい言葉だろう
誰も彼も真実を語らない
心からの言葉は滅多に聞けるものじゃない
でもそれこそ僕が
君から一番必要としているものなんだ

恋人を見つけることも
友達を見つけることも
心の平和を得ることも
できなくはない。苦い結末が訪れないうちは。
それに、もう一度約束を交わすことで
誰だってまたいい気分にしてくれる
わかってる。わかっているけど…

僕がもし自分の心の奥深くこもっていても
あまり心配しないで
そんな時は何も求めていないから
でも僕が心からの誠意を必要としているときには
どこへ向かえばいいか教えて欲しい
だって君こそが僕にとって頼れる人だから

オネスティ - なんてさびしい言葉だろう
誰も彼も真実を語らない
心からの言葉は滅多に聞けるものじゃない
でもそれこそ僕が
君から一番必要としているものなんだ


セットリスト
1.Opening~記憶に残ってる~ with a A.GUitar
2.生まれた街で with a A.GUitar
3.Honesty(ビリー・ジョエル カバー) with a A.GUitar
4.いくつもの星の下で(鈴木康博カバー) with a A.GUitar
5.女友達 with a G.Piano
6.ここへは来ない with a G.Piano
7.SHIGOSEN~子午線~ with a G.Piano


今日の写真はライブから帰る途中の銀座数寄屋橋不二家ビルです。
by jun_hara | 2008-02-02 23:49 | music