<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

徒然なるままに

e0027033_20522955.jpg昨日は久しぶりのコタンライブでした。
P太郎は高校の同窓会があって欠席。
コタンでは久しぶりに一人でやってみました。
新曲は最近作れていなかったけど、ライブでは未公開の曲ならたらふくある。完成度は別にして。
そんでもって、今回は海の見える街
という学生時代に作った歌をやってみた。
この曲は実家に住んでいる頃、ピアノで練習をしていたら、父が近寄ってきて
「これお前が作ったやつか」って聞いてきたのを憶えている。
日頃僕の唄など興味がないのか関心も示さなかったけど、この時の父の驚いた顔は今でも憶えている。
確かに当時の僕の実力からすると、ありえないコード展開の曲だったし。
Aメロのコードだけを書くとKey of Cで
C→G→Em7♭5→A7♭9→Dm7→A♭→E♭→Cm7→Dm7→G7
という流れ。
歌詞も諸「夏の明石の海辺」をなぞったもので、我ながらかなり完成度が高かった。
今まで唄わなかったのは、ライブを始めた頃すでに生まれた街でという唄があって内容がこれとかぶるからだった。
でもそれは勿体ないので初めてこの唄をライブで披露したのだ。

この日は声の調子も良く久しぶりに「出し切ったな~」ってな感じで終えることができた。
また対バンのみんなも七草晴ちゃん(コタンのBBSでツーショットの写真あり)以外は初対面なのに、すぐに旧知の仲みたいになった。
えびのからちゃんはえらい僕の声を気に入ってくれたし、えびのからちゃん自体が沖縄のテーゲーな雰囲気を持った性格のいい子なのだ。
唄の歌詞はそれとは対照的にまるで全共闘時代のような内容が多いけどね。
でも僕は嬉しかった。今でもこんな歌を作る若い人がいることが。

トリのMOGAMIさんとは同世代ということもあり初対面なのにリハの時から話しが弾んで、いっぺんに仲良くなってしまった。
そんでもってお別れの時にMOGAMIさんから「メール教えて」って名刺を頂いたので忘れないうちに帰宅してからメール交換をしたのだ。
そこいらのライブハウスではまずあり得ない、これぞコタンの面白いところなのだ。

それに昨日はライブ終了後、店長の木村さんと1時間くらい喋っていたような。
これも初めてかな。
最後はタティーに見送られて「また飲みに行こう」ということで過ぎていった日曜の夜だった。

この2年間で自分のライブは計画的に減らしてきた...正確には削ぎ落としてきた。
そろそろ数をこなすばかりの時期は過ぎているし、それもこれも本当にやりたいことのためには必要で、自分のライブは細く長く続けたいからもある。
そして、今は2か月に1回コタンだけでやるところまできた。
ここだけは辞められない。
僕がここでライブをはじめたからからだけではなくて
こんなにも得ることの多い場所は他にないからだ。
要するに出演者もお客様も大人が楽しめる数少ないハコなのだ。

皆さん一度お越しになって下さい。
この季節、お勧めの料理は特製ハヤシライスです。

セットリスト
1.生まれた街で with a A.Guitar
2.女友達 with a A.Guitar
3.甘い時間 with a A.Guitar
4.海の見える街 with a A.Piano
5.夢を唄う with a A.Piano


今日の写真は帰宅時に永代2丁目の陸橋から観えた月島の夕景です。
by jun_hara | 2008-07-28 21:03 | music

魚三とジョナサン

今日はタティとのりごんと3人でうだうだ言いながら飲む日。
やっぱ、タティとしゃべるのは面白い。それにのりごんが「うんうん」と話を聞きながら、のりごんが思っていることを聞いたら「なるほど。そう言うことか。」となることがいっぱいある。
兎に角、この二人と門仲で飲み明かしたのは楽しかったのだ。
by jun_hara | 2008-07-25 00:29 | 出来事

a dry potted plant with beautiful leaves

e0027033_21401165.jpg先日、ゴールドクレストがお釈迦になったと書いたけど、捨てたわけではありません。
ドライフラワーならぬドライ観葉植物(a dry potted plant with beautiful leaves)として僕の部屋の外で帰宅を和ませてくれているのです。

さて、殆どお金(円)がなくなってしまったのに、とある銀行ではプレミアム会員扱いである勝ち組?の私です。
朝さえちゃんと起き続ければね。
さもないと、一気に負け組に?
いやいや、そこまで無計画な人生ではありません。
日々勉強、日々修行の毎日です。

いや~、でも風呂上がりのエアコンがガンガンに効いた涼しい部屋で飲む酒は美味いですな~。
すっかり自宅で寛いでます。
だいたい僕は寝床が歩いていける距離にないと我を忘れるほど酔えないのだ。
P太郎もそうらしいけど。

今日の写真はドライ観葉植物のゴールドクレストです。
by jun_hara | 2008-07-23 21:49 | 独り言

切り替えるのだ!

e0027033_21155563.jpg今月の初め、思わぬトラブルで体調を崩し仕事に影響がでてしまった。いや、正確には仕事内容ではなく勤怠なのだ。今のプロジェクトに参加した4月には、5月末から6月頭に集中していたイベントの時期が一山だと思っていた。
それは難なく通り過ぎたのに、なんで何もない7月に...。
怒り心頭に達したのだ。
思わぬところでリズムが狂ってしまった。
それこそ首の皮一枚のつもりで暫くは仕事人間に徹するのだ!

仕方がない。ここは切り替えてと、この週末たまっているすべての事を片づけてしまえ!ってな勢いで片づけた。
まずは部屋の大掃除。これは予定通り2日間丸々かかって終えた。
それとたまっていた数々のHP更新も月曜日丸々かかってやり終えた。
それが終わると、精神的にもかなり余裕が出てきたのか、一時の国民保険料や、恩恵のない住民税や、貰えるかどうかわからない年金などの処理も一気にやっつけてしまった。っが、これには参った。
いったいいつの間に保険、住民税、年金がここまで上がったのか!
ほぼ一か月の収入が消えていったのだ。

水道などのインフラだけでなく自治体そのものもファンドに買われてしまえばもっと効率的になるのか?
なんか自治体の財政赤字とか税源移譲とか教育委員会の不祥事とか言ってるけど、元公務員の子供だからか、最近お役所勤めのアホな連中にかかわったからか、無性にお役所体質には腹が立つ。前年度の予算ありきの積み上げ式で組んでいる歳出案など、未だに民間ではありえない発想で収支に関係ないことを言い散らかしている。

そんな体質を鑑みないで地方分権とか税源移譲とかやったら、もっと無駄なことに使われてしまうではないか。
それよりも民間並みの競争原理を適応して、余分な収入を得ている奴らなんかクビにしてしまえばいいのだ。なんか不祥事を起こした部下の上長の給与を10%削減とかで充分な処置みたいにやってるけど、少なくとも総務省(旧郵政省)の天下り先になっているdocomoみたいな公社から民間になった会社ではなく、自ら立ち上げた民間なら直ちにレイオフなのに。
こんなこと書いていたら、また腹が立ってきた。
まーやっと、やるべき事に集中できるようになったから、ここからが仕切り直し。
切り替えるのだ!

最近読み終えた本
パラダイムシフト
日本、アメリカ、中国、インドなどで起こっているマクロ統計から観たパラダイムシフト(基本的枠組みの転換)を中心にかかれており、参考になった。
ただこの手の本って、最終章がそれまでの話とは全然関係のない内容であることが多い。
この本もそうだった。でも、山折さんとの対談で最近の高校では世界史が必須科目で日本史が選択科目だといのにはびっくりした。戦後、この国では愛国心と言う用語が使えなくなってしまったけど、自国の歴史も知らずにどうして世界へ語り掛けれるのか。

今読んでいる本
AB型自分の説明書
けっこう面白いので寝る前一気に半分は読めました。ただバカバカしくもありますが。

商品の時代
まだ昼休みに読み始めたばかりです。

最近聴いているCD
山下達郎FOR YOU
大学時代の初期によく車の中で聴いてました。特にこの季節にはピッタリ!

最近見たDVD
椿三十郎
痛快の一言!
黒澤作品の初期のものは今でも面白い。
僕が観たのは織田裕二バージョンですけど。

今日の写真はさっき気分転換に行ってきたマンションの屋上から観える永代橋です。
by jun_hara | 2008-07-22 21:07 | 独り言

お掃除

e0027033_0443971.jpg休日だというのに全然休んだ気がしない。
今日は朝から目覚めてしまい、しばらく2度寝をしていたんだけど、それでも10時には起きた。
さて、今日は何をする日だったかを確認するため、PCに入力している作業予定を観るとお掃除としか書いていない。
ただ今回の連休を使って正月以来やってない大掃除をやろうとしていたのだ。

とりあえず食糧の確保と掃除に必要な道具一式を買いに自転車で東陽町のOKスーパーまで行ってきた。
帰宅後一服してから掃除の段取りを考えて、実際に玄関&台所それにトイレをやったのだけど、ワックスがけもしていたら、それだけでこの時間になってしまった。

明日は引き続き、リビングのエアコンの掃除と壁拭き(煙草のヤニ取り)から始める。
ふー。

今回の写真は今日買ってきた観葉植物(名前聞くの忘れた)を飾った玄関です。
前のゴールドクレストはお釈迦になってしまいました。
by jun_hara | 2008-07-20 00:52 | 週末

思い出す言葉


e0027033_23433867.jpgここのところ大学の時に憶えた認知的不協和とかフィッシュバインの行動予測式に当てはまることが立て続けに起こる。まるで誰かに試されているような...。
小難しい言葉だけど、今でも忘れられない。

一見難しいことのようであるけど、考えてみればごく当たり前の事。

要するに人は正論では動かない。
言ってみて、やってみせなければ、伝えたいことは理解できないという事。
この当たり前の事も心理学という歴史の浅い学問では、最近になって肯定されるようになったのだ。

それまでは、人は事の善悪や好き嫌いで行動を起こすというのが主流だったのだけど、僕が学生だった頃の論文では、この定説はくつがえされていた。

それでは人は社会的行動をどういう意図でもって起こすのかという課題に答えたのがフィッシュバインの行動予測式だった。

A(w1)+N(w2)=I~B
Aはattitudeの事で〔物事に対する心構え〕。要するに「行動の結果に対する態度」のこと。
Nはnormの事で〔社会的規範〕分かりやすく言えば「個人にとって家族など重要な他者の認識」
Iはintentionの事で〔何かをしようとする意志〕
Bはbehaviorの事で〔振る舞い〕要は行動そのものの事。
この式に出てくるw1,w2はそれぞれの比重(weight)のこと。

人は社会的行動の意思決定をする時、その行動をするとどうなるかと言うAと、その行動した場合個人にとって重要な他者はどう思うかというNによって、「こうしよう」という行動意図であるIが確定し、実際の行動Bを起こすと言うもの。
この理論は社会心理学にとどまらず今やマーケティングでもほぼ基礎知識として理解されているらしい。

こんな式で何ができるのかと言うのは一言では解説できないが、実際の社会統計での調査方法にも採用されており、かなり説明率の高いモデルなのだ。

また認知的不協和(にんちてきふきょうわ)は、人がある認知(知識、経験、行動など)と矛盾した認知に遭遇した時に感じる不協和(不快感)を解決しようとする心理状態のことで、要するに人はいともたやすく自分に都合がいい理屈で物事を判断しやすいかということを説いたもの。

哲学においてはソクラテスの時代からこんなことは常識で、人の思考の危うさからエポケー(判断の保留)と言う用語が提唱され僕が学生の頃には小さな流行語だった。

しかし現実世界において多くの人は「人間は事の善悪や好き嫌いで行動を起こす」という錯覚から逃れられていないのが現状で、この錯覚をもって自己正当化とか他者批判が多く行われている。
その最たるものが戦争なのだけど。

とりあえず簡単に解説するのは難しい用語だけど、言っていることはごく普通のことで、社会統計だけでなく、人を観る尺度としてこれらの知識は物事を冷静に判断する時に大変役立つのだ。

兎に角、情報の氾濫で将来予測が難しい時代だけど、一個人と対面する時、これらの言葉は呪文としても判断を整理するチェックとして役立つのである。

とどのつまり、何かを言ったりしたりする時には、それがどういう結果になるのを熟慮してからすべきであり、もしそれが自らをヒールにしたとしても、腑に落ちて決断ができたならばやればいいというのが今の僕の肝になっている。

決して彼等のようにはなく

時は誰かを 道連れにして
いくつかの時代を 終えてきた

その度君は 言葉探して
時代の後から ついてきただけ

心は 何処にある
心は 心は

心は 何処にある
心は 心は

なにを見ても なにをしても
僕は 僕の    ことばでする

やりたいことも やるべきことも
今 僕の中で ひとつになる

ためらう ことはない
このまま 走るよ

あなたの為に歌う
素敵なことだろう

心は 何処にある
心は 心は

君とは いつまでも
こころは通わない

君とは いつまでも
こころは通わないだろう

今こそ 焦らないで
今まだ 語るな

今なら まだ戻れる
今なら 間に合う

心は 何処にある
心は 心は

心は 何処にある
心は 心は

心は 心は

by Off Course


今回の写真は6月1日に訪れた鎌倉の鶴岡八幡宮です。
by jun_hara | 2008-07-18 22:43 | 独り言

篤姫

歴史、人生、ビジネスの結果については『もしも』は禁句やけど、大河ドラマ「篤姫」を観ていて、もしも大老に松平慶永が採用され島津斉彬の寿命がもうすこし長寿であったら、明治維新の内容も変わり、その後ABCD包囲網によってせっぱつまり、真珠湾攻撃へと突入した歴史及び悲劇はなく、現代も日本男児のもろさを露呈する社会はなかったのではないかと思ったけど...。
山本五十六などが反対したあの真珠湾攻撃さえなければ...。

いや、全ては神のみぞ知るで、現代の社会状況は未来への自然なる流れなのかも知れぬ。
あっ!はまりこんで口調が!
自然なる→自然な
知れぬ→知れへんねんやろうなぁ。

今日の名言
人生は自分持ち
我が母、原一子の遺言です。
まだピンピンして生きとるけどね。
by jun_hara | 2008-07-06 23:16 | 独り言

とりあえず写真だけ

うーん!昨年に引き続きイベントラッシュの時期なのでいちいち書いとれません。
それらの残務処理もたまっとるし。

秋にTokyo AcousticVOL.2 in 四谷天窓comfortが10月4日(土)昼の部で確定したし。
HPの更新もホンマ面倒臭いけど、優先順位つけてかたずけなあかんので。

まー実家には電話で近況報告しとるからええんちゃうん!って思うてます。
とりあえずレアな写真だけ公開しておきます。

e0027033_2147596.jpg

これはフォークライブ前夜の飲み会で僕のギターに食いついてくれたYASSさんです。
オフコース時代からのファンの方ならその理由すぐにわかってしまう写真ですが。
e0027033_21474564.jpg

えっと...これはうちの父とのツーショットです。
嘘です。
あべさんはそんな歳ではありません。
フォークライブ打ち上げで燃え尽きている僕と、この後新幹線で帰京する珍しく素面(シラフ)のあべさんなのだ。
あーいやなことを思い出してしまった。
イベントレポートがテンコ盛りやぁ...。

e0027033_21484482.jpg

このトラックに書かれてある文字をキーワードにして検索したら、何処へ行ってきたかすぐわかると思うのですが...あー面倒臭い!
要するに6月19日木曜日に東京の代々木第一体育館のアリーナ席にて小田さんを拝ませてもらったのです。

この他にもここ1か月書ききれない日々でした。否!現在進行形です。

暫くゆっくり温泉にでも行こかなぁ...って、仕事で休めません。
「連休取ろうかな」って言ったら即答で「日をずらしてくれ」って言われました。
トホホ...。
by jun_hara | 2008-07-05 22:08 | 出来事