<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近はまっている言葉

e0027033_1582095.jpg

すきです。

今回の写真は以外や以外、東京ドームを出たところの紅葉です。
小田和正さんの「ドームでどーも」コンサートの帰り道でした。
by jun_hara | 2008-11-29 01:59 | 独り言

大好きな金曜日

e0027033_1282329.jpg自分で勝手に決めたとはいえ、次の日に仕事がない時だけは酒を飲んでもいいと決めた...のが2週間前。
それが効いたのかはどうかわからないが、ベルトの穴が1つ減った。つまりベルトの穴が1つ分だけ胴回りが細くなったのだ。何年ぶりだろうか。

でもタイトルの通り、他に努力はしていないので今後どうなるかは神のみぞ知る、なのだ。
兎に角こう決めたのも、次の日が仕事でも、酒を飲むと、やりたいこと、話したいこと、聞きたいことが、次々に思い浮かぶからだった。
でもそれらは、学生時代に誰もが経験する『試験が終わったらやりたい事』が次々に思い浮かぶこととあまり変わらないから。
だって、試験が終わったら、そんなことどうでもよくなっているでしょ。

今回写真は昼食後に見える東京湾のベイブリッジです。
by jun_hara | 2008-11-15 01:36 | 独り言

インチキ10周年

e0027033_1342497.jpgコタンでソロライブ初舞台をふんでから10年経った。
しかし、その間に5年近いブランクがあったので活動期間は正確には5年未満だろうか。
まーそれまでは中学生の頃からバンドでボーカル、キーボード、ギターをやっていたから、あくまでもソロとしてだけど。

今回11/1のブッキングはその初舞台でトリであった師匠(寺門さん)と一緒だった。
嬉しかった。光栄だった。
このブッキングをして下さったtencyouのご配慮にお礼を申し上げたい。
でも本当は恐らく偶然だろうけどね。

10年前当時、コタンでは生意気で鼻っ柱の強い自惚れ屋には最初のステージで師匠とブッキングさせる傾向があるようだった。
僕はそのブッキングで、まさしく鼻っ柱の強い自惚れ屋である自分を砕かれた。
いい経験だった。
それ以来、師匠のレベルに達したいと思ったが、恐らく一生かかっても届かないだろうと思った。
それほど師匠と水岡さんの二人による相乗効果は弾き語りライブでは超1級であり、これ以上の衝撃を受けたことがないのだ。
でも生意気さは消えなかったので当時tencyouからは僕の呼び名は「原」ではなく「生意気」と言うあだ名で呼ばれていた。

まー10年経って表面的な性格は体と同じく丸くなったようだけど、未だに生意気さと鼻っ柱の強さは消えていない。

さて僕はコタンでは2番手であるのだけど、この位置が大好きだ。
1番手だと殆ど空席が多く、何もないところからの空気作りが大変なのだ。
2番手だと出演後、3番手、4番手の出演者の心地よい演奏を聴きながら、制限なく酒に酔える。
これは今まで出演してきたライブハウスでも要求してきて、仕方なくトリになって酒が飲めないこともあったけど、できるだけ2番手を維持してきた。
できればこのまま2番手のままでいたいものだ。

さてライブレポートとしては、コタンのBBSに師匠が書かれているように4組のリレーがうまくいき、大満足の状態で終えることが出来、終演後も出演者やコタン仲間で話が弾んだ。
できれば次の日にも再現したいくらいに。

帰りは酒量が今までで1番多かったのか、千鳥足の僕をタティとのりごんとで四ッ谷駅まで送ってもらった。
>のりごん
トマトジュースありがとう。

といっても自宅以外ではいくら飲んでも意識や記憶がなくなることはないので無事自宅に到着したのだけど。

さて今回は今までとはがらりと変わった選曲と演奏方法で挑んでみた。

セットリストは後述の通りで、何時もならMCに時間を取りすぎていたので、今回はミュージシャンであることを意識して極力控えたのだが、しゃべり出すとやっぱり長めになってしまった。

セットリスト
1.記憶に残ってる with a A.Guitar
2.生まれた街で with a A.Guitar
3.代わり映えのしない毎日 with a A.Guitar
MC コロッケパンの紹介では
この歌を初めて聞いた時に羊子ちゃんは天才だと感じたことを紹介し、できるだけ歌詞が聴衆に届くことを意識して歌った。
4.コロッケパン with a A.Guitar(秋山羊子カバー)

MC 乾いた九月の紹介ではこの歌にまつわる逸話を語ってから曲に入った。
 この歌は僕が23歳の時に作った唄で、ファンハウス(現BMGファンハウス)のプロデューザーからデモテープを作れと言われたが、地方出身者で両親が堅物の公務員の中で過ごし、僕自身音楽は趣味としても食っていく自信などもなく、また、当時の音楽業界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)が住むと思っていたので、デモテープは作らなかった。
今考えるともったいないことをしたものだ。
また27歳の時には当時の会社の先輩から、知り合いの学研の子会社であるレーベルに紹介されてデモテープを作成して認められたのだが、当時27歳ではデビューが遅すぎると言う理由で、若い歌手に楽曲提供として、と言う話になったので止めることにした。
ということを話したような...。
5.乾いた九月 with a A.Piano

MC 11月22日にある師匠の舞台歓喜の歌の宣伝。勿論僕もいい席で観覧させてもらいます。

6.ここへは来ない with a A.Piano
7.ONGAKU with a A.Piano(のりごん作Tokyo Acousticテーマ曲)

今回の写真はライブ終演後の1番手出演者の南君とのりごんと僕です。

さて、アメリカではオバマが来年からの大統領になったけど、どうなるかな。
アメリカの債務は1000億ドルを突破し、その金利だけでも際限なく増え続けている。
CDSなどサブプライムやリーマンショックどころではない証券化のやり過ぎによる不良債権は底なし沼で、まだまだ株は底打ちであると安心できないようにあるのは確かだし。
アメリカの借金体質とここ数年やってきた基幹産業の売り飛ばしで、既に誰もアメリカを信用しないから基軸通貨としての米ドルの役割が終わる時代が来たのだろうか。
大体アメリカの国債は日本が圧倒的に買い支えているのだけど、これは米ドル建てだから日本がアメリカに振り回される状況はいかんともし難い。
その日本も債務超過体質なのに、その金はどこから出ているかというと、大半が日本国民が買っている日本の国債と公的資金(税金)なのだ。
要するにアメリカが転べば日本国民の家計が犠牲になるように仕組まれている。
円建てのアメリカの国債があればこの国にとってはかなりの金融不安はなくなるかもしれないけど、アメリカの属国である日本にそんな力もないだろうからな。
まーアメリカなんかどうでもいいからNZDがもっと高値に戻らないかなー。
兎に角、早くETF用の軍資金を作ってパッシブ運用が開始できるようにしなければ。
by jun_hara | 2008-11-06 01:30 | 週末

曲作りで一番難しいこと

それは作詞だ。
メロディーはコード進行(スケールを含む)やリズムパターンをこねくり回せばなんとかなる。
コード進行はバークレー並の音楽理論を理解すれば99%パズルのようにどうにもなる。
※といってもこれはデリバティブを解釈出来るほどの金融工学並のレベルだけど
でも弾き語りをする場合、歌詞だけはテクニカルな答えはない。
勿論、メロディーを埋めるために、感嘆詞(ああ!とか、うう!とか)や接続詞(そして!とか、でも!)とかでメロディーと折り合いをつけるテクニックはあるとしても、それは枝葉末節で、メッセージがこもっていない唄では人心を動かすには無力である。
では作詞の完成度は運だけなのかと言うとそれは違う。
メロディーになる言葉は、ふとした瞬間に思いつくもので、要はそれを記憶にできるかどうかなのだ。
もし記憶にできでいないとしたらそれは怠慢で、書き留めておかないからと言うことになる。
今やパソコンのキーボードが主流で手書きを行う場面は少ないけど、これは準備次第なのだ。
僕は自身のパソコンを24時間立ち上げている。
エコに反すると思う人もいるかと思うが弱電であるパソコンの場合、殆ど環境問題とは関係ない。
※大体CO2削減は科学的な根拠はなく、先進国(特にアメリカ)が新興国の中国やインドを牽制するためのプロパギャンダなのだ!

本題に戻ると、パソコンを常時立ち上げておいて、テキストファイルを作っておき、何時でも思い立った時にNotePadに打ち込むだけでも、後々それが名曲のフック(業界用語で心に引っかかるフレーズ)になるのだ。
※僕は記憶の箱.txtというファイルをデスクトップにおいている。
書き込む内容は歌詞にならないとしても、裸で道を歩くほど唄にするにはかなり勇気のいる言葉だらけになる。しかし、この準備がないと20曲以上の唄は作れないのだ。

さて、そんな恥さらし的な一部分を公開してみようか。

僕の人生は
某(なにがし)かの死を探している道だった

どうすればそこにたどり着けるだろう
そればかり考えてた

そしてそれは意識で考えても出来ないことだと気づいた
要するに、自己嫌悪や自己憐憫だけではたどり着けないのだ

結果的には自分を追い詰めることでそれが実現できる
簡単な答えだった
誰かを傷つけて憎しみの連鎖に加わったなら
それだけで人間は早死できるのだ
そう
早死できるのだ
もっと早く知りたかったのに...

あなたの優しさを知ってしまった今はもう遅い
あなたの優しさを...


そんなことどうでもいいけど、まやかしの円高は何時終わるんだ!
1ドル=120円に軌道が乗るまで、何処にも投資できないではないか!
別に米ドルは持っていないけどね。
by jun_hara | 2008-11-01 01:09 | music

Tokyo Acoustic VOL.2

10/4(土)のイベントレポートをアップしています。
ご覧になるにはコチラをクリック!
by jun_hara | 2008-11-01 00:32 | music