<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

本当の連帯感

e0027033_0574893.jpgこの連休中にレコーディングをしようと思ったら、64bitパソコンがNetにつながらなくなってしまい、モグラのような状態になってしまった。
OSの再インストールからあらゆる手段をやっても駄目だったのでDELLのサポートダイヤルへ電話してみたけれど、結果は同じ。
とうとうDELLへこの日曜日に修理に出すことになった。
でも原因がPCでなかった場合はルータに原因があることになる。
復旧は何時になる事やら。

しかし、今この文章を書けているように32bitパソコンは全然大丈夫なのだ。
兎に角、連休の殆どは仕事でもないのにパソコンと『にらめっこ』だけしていたことになる。

前半は6月に行うイベントの打ち合せ、それにフライヤーやWebの作成で殆どの時間が過ぎていった。
これは別に想定内だからいいけど、64bitパソコンの件には本当に参っている。
まー新しいアーキテクチャーを取り入れた時にはつきもので、昔からこういう事を繰り返してコンピュータの構造や原理を実務的に憶えてきたのだから、想定内と言えばそうなんだけれど。
しかし、新しいだけに情報も少なく目と耳を塞がれたような状態であらゆるケースをやる労力は、クリエイティビティとはかけ離れたもので疲れ方の質が全然違うのだ。
少々スケジュールの調整が必要になってしまった。

さて話は変わって、6月13日(土)に四谷コタンTokyo Acoustic VOL.3をやる。
元々刹那的に考えがちな僕は、このイベントを立ち上げ始めた時、「1回目だけでも成功すればそれでいい」と思っていた。
しかし、2回目を終えて、その後のメンバーとの関係から「もしかしたらライフワークになるかも」って思えるくらい、これまでにない充実感と安心感を持って関わっている。
イベントのページにも書いたけど、タイトルに恥じないステージになると確信している。

前回の打ち合せで決まったことだけど、タティの提案で、
仕事で平日は時間がとれない僕以外のメンバーが宣伝のために路上ライブをやると言ってくれている。
先日5/3コタン出演時と同時に公開したHPを気に入ってくれた木村店長にもこの姿勢を話して
「そうやって、やることをやっているのなら結果はいいんだ」と言ってくれている。
当日一緒に関わって下さる人がこのように解釈をしていてくれるのは本当に有り難い。

さて、3回目をコタンにしたのは、恐らく中身が身内受け演奏者の自己満足のレベルではないと言い切れるから。

ぶっちゃけ
ただの仲良し集団のライブほど不愉快なものはない。

通常のライブでも自分目当てに来た身内だけにむかってやっていたら、観ている方は冷めてしまう。
コタンに限らず、今ライブハウスに必要なものは、
内向きになりがちなステージに新しい風を入れること
だと思っている。

一度義理や付き合いで集客がうまくいっても、新しくリピーターになってもらえる人達が来てくれない限りなんの意味もない。
まるで選挙のごとく集客のために直筆の手紙を書いたり(くどくなければこれは有りかな)、直接電話したりする活動もあるけど、僕自身そこまで無理して続けようとは思っていない。
メールだけならまだしも、そういった新興宗教の勧誘まがいのことをされるのは僕自身が一番不愉快に思っているから。
そういった方法論ではなく、キャスト・スタッフがこのイベントの関わり方についてプロ意識があるなら、知恵を出せば別のプロセスが生まれて結果は後から付いてくる。

確かに多くの人から良い評価をもらってきたのは嬉しいけど、僕自身腑に落ちなければ満足ということはあり得ない。
マンネリほど怖いものはないし、常に次の目的や課題を出し続けていないと存在理由がなくなり衰退だけが待っている。

これは1回目からそう思っていた。いや、もっと前からかな。
切るべきところは切っていかないと八方美人では仕切れないし、お金と時間を使って来て下さるお客様に失礼なのだ。

このイベントは復興でも継承でもなく、これまでいろんな試行錯誤と実験をやってきて、自らが言い出しっぺで始めたことだし、メンバーが積極的に関わってくれている限り、自分から逃げ出すことはないだろう。
そして今のメンバーが切磋琢磨しながらやり続けたいと思ってくれている間は決して止めないと思う。

時代が時代だけに音楽どころではない人が殆どかもしれないけど、ライブやイベントをやっている人も、当分音楽から遠ざかっている人も、きっと新鮮な風を持って帰ってもらえると確信している。

後心配事は僕自身の体調管理かな。


5/3セットリスト
1.記憶に残っている with a A.Guitar
2.かわりばえのしない毎日 with a A.Guitar
3.生まれた街で with a A.Guitar
4.女友達 with a A.Guitar
5.Your Love with a A.Piano
6.乾いた九月 with a A.Piano
7.ONGAKU(のりごん作) with a A.Piano

こっちはマンネリ気味。

今回の写真は32bitパソコンに使っている壁紙です。
by jun_hara | 2009-05-10 00:59 | 独り言