<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋山羊子論

e0027033_2356168.jpg出会ってから6,7年経っただろうか、今日久しぶりに羊子ちゃんのライブへ行ってきた。
場所は池袋の鈴ん小屋(りんごや)。僕はずっと(すずんこや)だと思ってました。
場所は6差路交差点にあり、僕が以前住んでいた新大塚からはスキップで行けるほど。
このハコはライブハウスでは珍しく、下駄箱があって靴を脱いで会場に入る。
大きさは客席が30人くらいでいっぱいになるくらいだろうか。ほどよい大きさである。
ピアノはKAWAIのアンティークアップライトで高さはなく、ピアノで演奏者の顔が見えなくなることはない。
ライブがはけた後ちょっと弾かせてもらったが、鍵盤はかなり軽め。ただ調律がちょっとくるっているがそんなに気になるほどではない。

さてライブはというと羊子ちゃんは3組中トリ。
久しぶりにライブで聴かせてもらったけど、本当に進化し続けている。
対バンになったアーティストを再度舞台に上げて、インタビューをやったりして、それこそ一緒になった縁を大切にできる姿は、ぶつ切りが当たり前だと勘違いしている若い連中に見習って欲しいと思った。
羊子ちゃんのステージングは女優で例えると菅野美穂級である。
完全に唄の世界の主役になりきってグイグイ客席をHITSUZI WORLDに引き込んでいくのだ。
唄は勿論のこと、ピアノが「正確に弾きましょう」だった昔とは違って、「感性の赴くままに」というプレイスタイルになっていて、聴いている方も構えることなく心が自由に解き放たれていくのだ。

これだけの空気作りができるならアンコールは当たり前。
アンコールでは羊子ちゃんが会場からリクエストを求めたので「指一本で倒されるだろう」のおまけCDに入っている「みなとまち」をリクエストした。
ちょっと意地悪だっただろうか。
この唄はかなり難しい唄で、本人も途中で歌詞が飛んでしまうほど。
でも歌詞を飛ばしながらも最後まで歌いきった。
これぞ本物のライブアーティストの真骨頂だと思う。

本番終了後、別の出演者目当てで来ていたお客さんが、かなり感動したらしく、2枚あるCDのどちらを買えばいいか迷っていた。
CDが飾られている横に座っていた僕は彼女に両方のCDの違いなど説明し、すっかりセールスマン状態だった。
結果的に彼女は2枚購入していった。
本人もライブ活動をしているらしく、彼女に言わせると「世の中にはいっぱい凄い人がいるんだな~。」とのこと。
ご尤もな感想だと思う。
僕ももしこれが初めて聴いた演奏なら同じ事を思ったはず。

鈴木君と齋藤さっこちゃんとライブハウス情報を交換しながら、羊子ちゃんの帰り支度が済むのを待っていた。
帰りは駅まで羊子ちゃんと鈴木君と3人で帰ったのだけど、先に書いたような感想を言うと
羊子ちゃん曰く「私はこれしかできないから」とのこと。
僕は「ひとつのことをこれだけできれば充分じゃないか」と言ったし、本当にそう思うのだ。

年内の最後のライブは12月25日金曜日の夜に今のところ羊子ちゃんのホームになっているサンジャック(西荻窪)で行われるバースデイ・ワンウーマン・ライブ。
僕はその頃スイスにいるので行けないが、お時間のある人は是非聴きに行ってもらいたい。
ただ、本当に小さな店なので、予約をして早めに行かれることをお勧めする。

それから、来年もまた僕のプロデュースイベントであるTokyo Acoustic VOL.4(5月15日土曜日夜)に出てもらうのだけど、こちらも必見で、本人のソロステージだけでなく、3人でやる相乗効果を堪能して頂きたい。勿論恒例になっているライブ鑑賞者のみにお配りするレアなプレゼントも用意する予定。
このイベントも進化し続けないといけないので、来年1月にでもキャスト&スタッフで集まって、具体的にアイデアを出しあって、聴きに来て下さった方にご満足して頂けるよう詰めていく。

とにもかくにも、このようなアーティストと縁続きになれたことを本当に幸せだと思った一夜だった。

今回の写真は銀座MIKIMOTOビル前のツリーです。
by jun_hara | 2009-12-11 23:56 | music

日章旗

e0027033_21323910.jpg昨日は真珠湾攻撃の日であったからか、マスコミでも先の戦争について多く取り上げられていた。
NHKのクローズアップ現代では、アメリカで戦利品として持ち帰られた日章旗が1枚200ドル(約2万円)以上で売買されていることを特集していた。
特に、絶対国防圏と言われたサイパンなどの激戦地で窃取されたものだ。
さすがに愛国心の薄い僕でも憤慨する内容だった。

日章旗には、出征兵士が自らのふるさとで寄せ書きされた名前が書いてある。
武運長久を祈りながら書かれた物で、この日章旗をたすき掛けにして戦場へと赴いたのだ。
アメリカでは日章旗だけでなく軍刀や銃剣などもオークションなどで売買され、かく街にある戦争博物館でも展示されている。
本来なら、これは日本に返還され(管轄は厚生労働省らしい)ご遺族に渡されるのが筋だろう。

今話題になっている基地問題にしたって、アメリカも無理に日本に駐留し続けたいと思っているわけではなく、思いやり予算があるから運営されているだけだ。
金を出さないのなら守る必要もないと言うのがアメリカの本音らしい。

東西冷戦下の仮想敵国はもうないどころか、マスコミはあまり取り上げないけど自衛隊と中国軍は共同で軍事演習もしている。

多極化する中で、すでにアメリカ追従の歴史はひとつずつかたづけて行くのが望ましい。
もし、国内で基地を移設するなら、大阪府知事が言うように関空にでも移してしまい、海兵隊はそれこそオバマ大統領も訪問するであろう小浜市に持って行けばいい。
北朝鮮を仮想敵国とするなら、沖縄では気候も地形も違いすぎる。
日本海に面し複雑な地形を持つ若狭湾のほうが妥当なのだ。

兎に角この国のマスコミはかなり歪曲された情報だけを垂れ流しにしているのではないだろうか。
まさかとは思うが、未だに自民党の亡霊に復活してもらいたいのだろうか。

今回の写真は原家の家紋である三つ葉柏です。
by jun_hara | 2009-12-09 21:48 | 独り言

Windows7

e0027033_032923.jpgさて僕の64bitPCはMicrosoftから発売日に届いたWindows7にUpdateしている。
Windows7は正式にはWindowsのバージョンが7なわけではない。
実はVistaからのマイナーバージョンアップ扱いでMicrosoftのセミナーなどに参加すると、必ずと言って良いほど「バージョンは6.1です」と言われる。
というのも、OSのカーネルはVistaと同じLonghornのままなのだ。
なのにどうして大々的に変わったかを書き出すときりがないほどある。
また、使いこなす度に「こんなこともできるのか」と思うほどVistaでは考えられなかった操作方法が発見される。

僕の業界ではVistaマシンで開発したおぼえがない。
評判の悪さからくるだけでなくVistaは敬遠されてきた。
しかしWindows7の登場はXpからの脱却を早める可能性がいっぱいだ。

次はWindows7上級マニュアルはじめにからの引用だ。

「上級マニュアル」にはポリシーがある。
まず、著者自身が少なくとも1000時間以上OSと向き合うこと。
表面上のテクニックであれば、今までWindowsをいやというほど触っているので「勘所」はすぐに掴めるのだが、実運用上で役立つTipsや、一歩踏み込んだ使いこなし、あるいは問題とその対策などは、それこそ日常的な作業の中で「実務」に利用しないかぎり見えてこないからだ。
また、「OS自身がこなれている」のも条件だ。これは、黎明期の新Windowsは基本的な問題が多く、その問題に対策したパッチが登場した際、将来一部の操作設定や使いこなしの方向性が異なってしまうことがあるからだ。
蛇足だが、前作に当たる「Windows Vista上級マニュアル」は、Windows Vistaが市場に登場してから実に半年が経過した後、執筆が始まった。
これは「黎明期のWindows Vistaは説明するに値しない」と筆者が判断したからである。
「Windows7」は本当に面白いOSである。今までのWindowsとは違い、ユーザーの意見をばっちり聞き入れた結果、Windows95からかたくなに守ってきた「ユーザーインターフェイス」にまで手が入れられ、要所がまったく新しい操作体系に生まれ変わった。
といっても、中身はWindows Vistaと同じ「Longhorn」コアであり、前回OSの反省を踏まえ、各所にチューニングを加えて高いパフォーマンスを実現しているものの、プログラムレベルでは互換性を保っており、コアレベルでは「熟成期」に到達している。
そう、「Windows7」は、まったく新しい機能を数々搭載しながらも、すでに完成されたOSなのだ。ゆえに、すぐに導入してもプログラムレベルでは問題がないOSである反面、あまりにもドラスティックに変更/追加された新機能や操作は、「きちんとした解説」を得て利用する必要がある。
本書がWindows7のさらなる活用や魅力を引き出し、また実務に役立ってもらえれば幸いである。


今回の写真はMicrosoft本社前サザンテラスのイルミネーションです。
by jun_hara | 2009-12-09 00:32 | 独り言

美しさ

e0027033_2401073.jpgもし今一番手放したくない物を問われるとしたら、このギターOvation Custum Legendになる。
写真ではわかりにくいと思うけど、本当に心ゆくまで眺めていたいくらい好きなのだ。
それだけではない。
弾いてみてもわかるけど、他のどれにも負けない程、僕の掌になじんでいるのだ。

このギターを手に入れた時は新品ではなかった。
12年前になるだろうか。
池袋のP'PARCO石橋楽器店で中古として飾ってあったものに一目惚れしたのだ。
「私はあなたに会うために生まれてきたの!」
と伝わってきたのだ。
「よし!わかった!」
とばかりに、店員に
「今から現金をおろしてくるから、こいつは予約済みにしておいて下さい。」
と言って、すぐさま日曜日のATMへ引き出しに行った。
正確な金額は憶えていないけど、ほぼ20万円だったと思う。
きびすを返して10分も経たないうちに買い取ったのだった。

当時はまだ自分がライブなどやるとは思っていなかった時期で、店員から
「これなら舞台で映えますよ。」
と言われて
「ええ。まあ。」
と言って、そそくさと新大塚の部屋へと戻っていった憶えがある。

それ以来このギターは今でも僕のライブパートナーとして欠かせない存在になっている。
別にこのギターより値段が高いギターを持っていないわけではない。
むしろその後に購入した楽器はこのギターよりも遙かに高い物が多いけど、
あくまでも主観的にみて、このギターに匹敵する美しさを持ったものはない。
by jun_hara | 2009-12-06 19:25 | 独り言

雨のち晴れ

e0027033_22141912.jpg東京では、ここのところ1日おきに天気と気温がかわるから、着て行く服が難しい。

それも出て行く時間帯が朝とか夜とか昼とかばらばらなんで。

とりあえず明日は1日中なので、防寒対策はちゃんとしないと。
どうやら風邪ぎみなのでね~。

今回の写真はMicrosoft本社から出たところにある新宿サザンテラスのライティングの一部です。
by jun_hara | 2009-12-04 22:19 | 独り言

晴耕雨読

e0027033_22171458.jpg平成21年12月1日火曜日19:00前職で上司だったFさんと門前仲町で飲む。
最初、魚三でいいかと思ったけど、僕自身今、酒を飲めないことや、五月蠅い場所も辛いので、日曜日に姉より教えてもらった深川不動産近くの創作串焼 SAMURAI (サムライ)というお店にした。
これは大正解でFさんは魚は好きだけど、刺身が食べられないということだった。

Fさんは団塊の世代であり、日本IBMの時はアウトソーシングの専門家だった方で、前の職場では唯一話が合う紳士な方だった。
僕自身もこの業界に入って最初にやっていたのがIBMの大型汎用機のシステム構築からだったので、当時の開発環境の話や仕事のやり方、それに今の業界との違いで話が盛り上がった。
Fさんも酒が進み、僕も衰えている食欲が復活したりで気分良く過ごすことができた忘年会になった。
最後に駅まで見送って、次の日メールでやり取りして「また行こう」ということになった。

さて連日の忘年会は終わり、昨年と同じく雨読(集中的勉強)の時期に入った。

11月も含め作業予定から抜粋すると
平成21年11月25日水曜日
14:00~16:30クラウド時代のデータベース基盤はこうなる!

平成21年11月27日金曜日
10:00~11:30開発ビジネスを加速する! Visual Studio による SharePoint 開発

平成21年12月2日水曜日
19:00~21:00Excel VBAのエキスパートを目指そう!
※もうエキスパートだけどね。でも田中亨さんのセミナーは「そうだったのか!」と言うTIPSのてんこ盛りなので欠かせない。

平成21年12月3日木曜日
10:00~11:30VISUAL STUDIO 2010 で劇的に進化する開発スタイル ~ 開発部署の価値を上げるために ~

平成21年12月4日金曜日
14:30~17:10EXCHANGEやSHAREPOINTをオンラインサービスで手軽に導入

平成21年12月5日土曜日
10:00~18:10VSUG DAY 2009 WINTER会場 日本工学院蒲田校

平成21年12月8日火曜日
10:00~11:30開発ビジネスを加速する! VISUAL STUDIO による SHAREPOINT 開発

平成21年12月13日日曜日
10:00IT プロフェッショナル向け WINDOWS 7 の技術概要

平成21年12月14日月曜日
13:30~17:00様変わりする業務アプリ開発、最前線からの報告

平成21年12月16日水曜日
19:00~21:00 EXCEL VBAのエキスパートを目指そう!

平成21年12月17日木曜日
10:00~18:00Windows 7 標準クライアント環境の構築と展開

平成21年12月19日土曜日
13:30~18:30 SILVERLIGHT開発・デザインセミナー ~EXPRESSION 3とVISUAL STUDIO 2010のRIA構築をお見せします~
と言った具合である。

12月13日は10,000円かかるが、それ以外は全て無料。
この合間にもPHP Zend FrameworkやAccess VBAの試験勉強がてんこ盛り。

そしてこの雨読が終わる次の日、12月20日日曜日から12月29日火曜日までスイスへと高飛び。

兎に角、来年何をするにしても4ヶ月間できなかった技術情報収集をしないといけない。
まさに『人事を尽くして天命を待つ』しかないのだ。
頑張らねば。

今日の写真はEXCEL VBAのセミナーからの帰路に撮った銀座4丁目交差点です。
by jun_hara | 2009-12-02 22:29 | 独り言