<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やまね

e0027033_016243.jpg金曜日の夜、姉からメールがあった。
時間の都合がよければ、今月で閉店するやまねに行かないかとのこと。
僕がこの店に行ったのは1年くらい前の1回きりだった。
姉にとっては、前の住居からも今の住居からも近いので、常連ではないけど、女将さんからファーストネームで呼んで貰えるくらいだった。

姉の話に度々でてくるこの店がもうなくなる。
ならばこの機会に行かなければと思い、姉の部屋へ立ち寄ってから、店に向かった。
前もって電話を入れていたので女将さんの配慮で僕等の席には予約席の札が置かれていた。
と言っても店内に入ると常連さんがひとりいるだけ。

まずは芋焼酎のお湯割りから始めたのだけど、でてくる料理もあって、冷やの日本酒に切り替え。
詳しい料理は姉のブログで。

要するに閉店ではなく旦那さんが引退して、娘さんと女将さんで続けて行くことになったとのこと。
さて、競争激化の門仲でこの店は生き残っていけるのだろうか。

さて、話は変わって土曜日は何もする気がなかったのだけど、夕方からレコーディングをはじめてみると、気がつけば23時前。
レコ-ディングしたのはNext Chanceという唄。
僕には珍しいロック調の唄。
作ったのは1998年だから歌詞の内容が現在の予言になっていた箇所もある。
この歌詞を作った切っ掛けは、現在スイス在住の荒川さんが同じ職場を去ることにした事だった。
とりあえずMUZIEの僕のページにはアップロードしたので2,3日中には公開される予定。
歌詞はすでに左メニューのmusicのNO16タイトル名をクリックすればコード譜を見ることができます。

今回の写真は、やまねのご主人さんです。
by jun_hara | 2011-02-26 23:16 | 週末

追憶

e0027033_5334953.jpg過去に作った唄のレコーディングをやっていると
久しぶりに新譜が書きたくなった。
インストではなく歌詞のある曲を。
そして出来ました。
曲名はタイトルの通り追憶~Time goes flowing, breaking my heart.~

だいたい僕は曲が浮かぶと一日かけて編曲まではできあがる。
ただ歳をとると日をおいて聴いてみると何回も修正がしたくなる。
それはそれで時間がかかるけど。

それにしても歌詞を絡めたものは何年ぶりだろう。
しかも完全に女性の立場の歌詞だ。
そう言えば最近通勤電車の中で聴いているものは
古内東子や竹内まりやとかが多いような。

自分で作っておきながら、メロディーがかなり難解で難しいから
インストの音源だけmuzieの僕のぺージで2,3日中に公開される予定です。

歌詞は左メニューのmusicをクリックしたら一番下にリンクがあります。

今回の画像は譜面作成中の画面です。
by jun_hara | 2011-02-13 00:05 | music

冬を暖めて

e0027033_23194764.jpg東京は雪の3連休。
僕は午後に目覚めて、録画しておいたてっぱんを見終わった後、この休みに何をしようかと、ぼんやり考えていた。
質素倹約の中思いつくことはレコーディング!
我ながら金のかからない趣味を持ったもんだと想いながら、パソコンに繋いでいる音響機材の電源を入れた。

さてどの曲をやってみるか。
作曲は中学3年からやっているからほぼ100曲くらいは脳裏にある。
こんな時は季節にあった曲が思いつく。
と言うことでレコーディングしたのは今回のタイトルと同じ冬を暖めてと言う唄。
高校2年の時に作ったもの。
若い頃の僕にしては脳天気な歌詞。

まー何より作った当時は夢だったアレンジでのレコーディングが自宅でできてしまう。
しかも無料で。
こんな休日の過ごし方はいいもんだ。
2,3日中にmuzieの僕のページで公開される予定です。

今回の画像はレコーディング中のパソコンの画面です。
by jun_hara | 2011-02-11 23:45 | music

フラット化

エジプトのデモは日本とも無縁ではないと思う。
いや!無いと思いたい。
日本の場合これだけ矛盾を抱えているのは現政権のせいではないから
同じような現象にはならないけど。
この国では本来その矛先は政府と言うより未だ伝統とされている
終身雇用・ピラミッド型の資本主義構造にあるのだから。

格差という点では今世界中が潜在的な現実も含めて同じ課題をかかえている。
今更、平等は求めないけど、出来るだけ機会均等で年齢や血筋にかかわらず
何歳になっても、やり直すための努力ができるなら、それに対して結果に希望が持てる世界になって欲しい。

とにかく寄らば大樹の影で苦労知らずの社会人を続けている要領のいい人間には
早めにその甘えに気づくような痛みを知ることになる社会構造になれば
日雇いや派遣労働者も奴隷のように扱われない世の中になるはずだから。

要するに僕の望むのはアメリカ型マネー資本主義の終焉を生きている間に目撃したいと言うこと。
マルクスが資本論で書いた社会主義革命とは全く違う意味で。

話は変わって「風が止まる時」と言う唄を僕のmuzieのページで公開しました。
無料なので何回も聴いて下さい。
by jun_hara | 2011-02-02 21:54 | 独り言

再更新

新譜「風が止まる時」がmuzieの僕のページで公開されたのだけど、マスタリングが満足いかなかったので、たった今再度アップロードしました。
更新されるまでに2,3日かかるので更新が確認できたらTOPページでお知らせします。
なのでしばしお待ちを。
by jun_hara | 2011-02-01 00:46 | music