<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

歴史への誘い


義務教育では歴史教育は古代から始まる。
少なくとも僕等の世代まではそうだった。
大学時代に日本史について中学3年生の女の子と姪の家庭教師をやった経験と
現在の自分の仕事と生活に繋がる歴史を学び続けている経験を照らし合わせた場合
本当に学ぶべき歴史とは、
自らの人生と言う今が「どんな環境でどんな時代か」を合点し、
内発的に動機づけられ、
自ら「自分史に繋がる過去」を知りたくなることだ。

この動機付けには古代や近世などからを時系列に教えようとすると事実の羅列だけで意味がない。
これには教える側の想像力が必要になる。
事実を羅列して詰め込むのではなく、地図という空間を提示しつつ現状の立場に例えながら物語ることが大切になる。

これは
「今、自分はどういった世界で暮らしているか」
「自分がどうして今の問題をかかえているのか」
「どういう因果関係で今に至っているか」
「それを知ることでこれからどうやって生きていけばいいのか」に気づき
その時初めて人生の意味というものを熟慮するきっかけになるからだ。

このまま書き続けるには結論が遠すぎるなぁ...

要するに人は「温故知新」を肝に銘じなければ
真の意味で必要な礼節や道徳を学び続けることができず
「人生とは不完全な経験を重ね、かつ、問い続ける修行である」
ということにたどり着けない。


入口は好奇心でいい。
それがなければ学びのきっかけにならない。
それがなければ人生の不条理に向かい合えない。

僕等が生まれ来る子供たちに語れることがあるとすれば、そういうことなのだろう。

もっと大切なのが大人の我々がこの苦境に満ちた未来から逃げずに生き抜くことであるのだろう。
今、人生を楽しむことはリアルタイムで難しくても、いつかきっとその経験に感謝する時が来ると言うこととなる。
そしてそれが希望を失わずにいることの絶対条件になるからだろう。

そのためにこそ、どの分野においても歴史を学ぶ意義があると思う。
by jun_hara | 2013-01-19 18:49 | 独り言

1.17

1995.1.17も2011.3.11も紙一重で救われてきた。
そこに宗教的な意味は求めないけれど、昨年の父の他界前後から不可思議な天命を感じている。
ただの錯覚だろうか。
by jun_hara | 2013-01-17 23:35 | 独り言

佐久間象山

e0027033_2124540.jpgNHK大河八重の桜第1話2話で舞台となっている佐久間象山砲術塾は拙宅より歩いて1分もかからない場所にあった。
この砲術塾で八重の実兄である山本覚馬、勝麟太郎(勝海舟)、吉田松陰、河井継之助、加藤弘之(後の東大総長)、坂本龍馬など、時代を動かした多くの武士が学んでいる。

Wikipediaでは
嘉永7年(1854年)、来航したペリーの艦隊に門弟の吉田松陰が密航を企て、失敗するという事件が起こる。象山も事件に連座して伝馬町に入獄する羽目になり、更にその後は文久2年(1862年)まで、松代での蟄居を余儀なくされる。
元治元年(1864年)、象山は一橋慶喜に招かれて上洛し、慶喜に公武合体論と開国論を説いた。しかし当時の京都は尊皇攘夷派の志士の潜伏拠点となっており、「西洋かぶれ」という印象を持たれていた象山には危険な行動であった(しかも京都の街を移動する時に供も連れなかった)。7月11日、三条木屋町で前田伊右衛門、河上彦斎等の手にかかり暗殺される。享年54。

とある。
by jun_hara | 2013-01-13 21:02

この冬が好き



Music & Lyrics By Jun Hara
recorded at SUNDAY, JANUARY 13, 2013


気温が3℃切って
私の膝の上を
3匹の猫達が所狭しと埋める季節(とき)は
あなたなしでもずっと
明日は続いてゆく
不思議だねこんな雪の日も
暖かいこの場所

あー時は
生(は)え変わる猫の毛のようで
同じこころじゃいられないから
振り返れない

ずっと私は私のまま
大切な人たちが近くに
いてくれるからどんな切ない
日々だって生きてゆける


イブのチャペルの鐘は
毎年変わらなくて
「主よ人の望みの喜びを」って
祝っているけど
あんなに賑やかだった
この家の炬燵の部屋
つけっぱなしのテレビの音
静けさ埋めている

あー夜は
晴れたほうが侘しいから
誰かの声が聴きたくなって
温もりほしい

どんなに強がってみても
どんなに明るく振舞っても
凍えそうな風が吹く夜には
崩れそう
それでも明日を信じたい
だからもうため息はつかない
あなたなしでもきっと私は
猫達とこの冬が好き


ずっと私は私のまま
大切な人たちが近くに
いてくれるからどんな切ない
日々だって
それでも未来を信じたい
だからもうため息はつかない
あなたなしでもきっと私は
猫達とこの冬が好き

by jun_hara | 2013-01-13 15:41 | music

もっとこころがとどくほど



Music & Lyrics By Jun Hara
recorded at 1998


気付かずに愛は時を重ね
ふたりして歩く白い道
引かれれば返す波の様に
揺れている今は夢ごごち

何時もと違うリップカラーが
僕の視線を釘付けにして
微笑んでても 髪をなでても
狂おしくさせるだけ

時の流れに身を任せたら
知らず知らずに突き動かされ
確かなはずの未来の愛も
不安を纏ってる

もっとこころがとどくほど
近くに君を感じたい
誰もそこに入れない位に
もっとこの手がとどくほど
君の身体を感じたい
時を越えて今すぐ


何時になく今日は君がよぎる
ひとりでに記憶を包んでる
過ぎてきた恋も今は消えて
振り返ることもきっとない

初めて会った女の様に
僕だけぎこちなくなってゆく
語るジョークも 煙るタバコも
ただの道具に落ちて

4年の時が育んできた
ふたりの歴史紐解いたなら
散りばめられた涙の粒も
素敵なメモリアル


今は君しか感じない
多分君が思うよりも
誰もここに入れはしないだろう
きっと君しか愛せない
不思議なくらい迷わない
切なすぎる毎日


遠い記憶を呼び起こす様な
君の膝へともたれかかれば
このままずっと変わらぬ心
願っていたいけれど


僕が君へと流される度
押し寄せてくる不安な気持ち
君が僕を見つめ続けてる
はずなどないけれど

誰にも君を譲れない
今は誰にも渡せない
こんなに愛は揺れているけれど
ずっと君しか感じない
誰も止めはできはしない
そんな素敵な
Surprisin’ Seasons

by jun_hara | 2013-01-12 23:46 | music

年越し

喪中のためお祝いは書きませんが、今年はいい年でありますように。

実家のベランダから南の空に見えるオリオン座はいつもと変わらずくっきりと鮮やかです。
by jun_hara | 2013-01-01 00:23