<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋の気配



東京はすっかり秋です。
それにしてもハードな9月後半でした。
詳しくは落ち着いたら書く...かも。
とりあえず年内のライブは今日で終了の予定...かな。
後はあきゆみこ
・ミックスダウン・マスタリング立ち合い
・CDジャケットデザイン作成
・プロモーションビデオ作成
・流通手続き
とか
ぶらり一人旅とか
セミナー参加とか
殆ど土日祝は埋まってるので。

一応何があったか自身の予定表から一覧にしておきます。

平成25年9月15日日曜日
●16:50明日に架ける橋サンデーライブ練習

平成25年9月16日月曜日
●17:00御茶ノ水KAKADO出演

平成25年9月21日土曜日
●17:00ソロ30周年記念 鈴木康博ライブ鑑賞

平成25年9月22日日曜日
●6:50新宿都庁~【富山県】 宿泊バスツアー

平成25年9月23日月曜日
●22:00新宿到着

平成25年9月25日水曜日
●19:30吉祥寺レダにてミックスダウン打ち合わせ

平成25年9月26日木曜日
●17:20ネクストサンデー出演

平成25年9月27日金曜日
●19:30四谷コタン カシアス復帰ライブ鑑賞

平成25年9月28日土曜日
●通院
●13:00護国寺練習
●19:00桜井昌宏復帰ライブ鑑賞
●ライブ後打ち上げ

平成25年9月29日日曜日
●明日に架ける橋サンデーライブ出演
by jun_hara | 2013-09-29 19:23 | 出来事

潮騒のメモリー



悲しいかな、とうとうあまちゃんが終わってしまう。
それにしても木曜日の鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の潮騒のメモリー。
なんかホッとしたと言うか、感動したというか、涙がちょちょ切れました。

ご覧になれなかった人に音声だけ。
NHKに指摘されて削除されないうちに聴いてみて下さい。

そうそう、日曜日のライブでは、半年楽しませてくれたあまちゃんへ感謝を込めた選曲をしています。
もしお越しになれそうでしたら明日にかける橋 へお越し下さい。
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14-7
電話番号:03-3586-2360
9月29日日曜日
明日に架ける橋サンデーライブ
時間:13:00OPEN/13:30START
出演:
①戸島大(hiroshi)
②原淳&清水ひろみ
③シューベルツ.COM with寺門一憲
料金:\2500(1drink付)
by jun_hara | 2013-09-28 01:37 | 独り言

くまモン



僕はくまモンの大ファンで、
先日のライブで、ネズミの国の労働者をしているミュージシャンと
「ミッキー」と「くまモン」の違いについての話で盛り上がりました。

くまモンがなぜ他のゆるキャラより人気があるか、熱く語っちゃいました。

今のくまモンは2代目で、1代目よりはるかに可愛く設計された着ぐるみである、とか。
そして猛暑でも熱中症にならないよう、頭の上に穴が空いている、とか。
機敏に動けるよう首と胴体が分離していないデザインがいかに素晴らしいか、とか。
ねずみの連中は今回の動画のような目にあわないだろう、とか。

あ~。
なんだかもう一度熊本に行きたくなってきた。
くまモンスクエアもできたしね。
by jun_hara | 2013-09-18 22:00 | 独り言

12月は旅行三昧だべ~



LCC(格安航空会社)のJetStarが9/19 17:00までスペシャルセール
往復で予約すると、帰りが1,000円セール!

ここは決断して12月20日金曜日を休みにして、沖縄へいってきまーす!
成田-那覇間の往復で合計9,090円なりー。
忘れないよう宿とレンタカーの手配をしなきゃ。

と言うことで、今年マイブームになってしまったLCCでの日本全国ぶらり旅。
12月は鹿児島、大分、沖縄と、毎週旅に出ます。

鹿児島の一番の目的は知覧特攻平和会館
全ての真実が解るとは思わないが永遠の0 (講談社文庫)を忘れないうちに。
鹿児島は高校の修学旅行で行ったし、
その時のバスガイドさんと会いに学友と二人で同年に行ってきたから
観光場所はもういい。
夜は焼酎と黒豚の旨いところを探して。

大分の一番の目的は勿論、別府温泉
別府は中学生の時、学習塾の卒業旅行で行ったけど、
大きなホテルに泊まった記憶はあるものの
夫婦善哉も知らなかったので、小説に出てくる風景に触れてみたいから。
後できれば臼杵城に行ってみたい。

沖縄の一番の目的は沖縄戦跡めぐり。特に摩文仁が第1候補。
正直、これまで沖縄へ行くのは避けてきた。
この国の歴史を勉強してきた者としては
1945年の沖縄地上戦から続き、
本土復帰後でさえアメリカの植民地状態にある側面と
南国リゾートとの側面について
並列で考えられなかったからだ。
でも12月だとリゾートではなく史跡めぐりとして妥当ではないかと思ったから。
できればニュースで取り上げられている基地問題の場所も、この目で確かめたい。
酒と食事については別途探してみる。
by jun_hara | 2013-09-18 00:52 |

連休



日曜日は清水さんとのライブの選曲と練習と世間話で終わった。
その選曲の練習が大変で、遅くまで演奏方法を考えていたら
いつの間にか眠ってた。

月曜日の11時頃にインターホンの音で起こされたら宅配だった。
開けてみたら
じぇじぇじぇ!
まめぶ!
まめぶ汁ではなく
ま・め・ぶ・...。
要するにこれを使ってまめぶ汁は自分で作れと言うことか。

兎に角、変な起き方だったので再びベッドに潜り込んで起きたら16時。

御茶ノ水KAKADOの出演日だったけど、あまりにも眠たくて
「台風で中止にならないかな」って思い
外に出たら雨どころか、路面も濡れてなかった。

そうなんです。
今回の台風はぜんぜん遭遇せずに過ぎました。

重い体を引きずって17時過ぎからリハやってました。

ライブはいつも通り、声がぜんぜんダメ。
だってボイトレさぼってるもん。
なので、漫談してごまかしました。

でも開場前の楽屋や終演後には、対バンの二組といっぱい喋って面白かったよ。

カープソース神宮球場バレンティンディズニーとか。
by jun_hara | 2013-09-17 01:54 | 週末

「じぇ」が3つ



今日はユナイテッド・シネマ豊洲が入場料1,000円の日だったのでネットで11:30上映の席予約をして自転車に乗りホワイトハウス・ダウンを観に行ってきた。
ところが前日の仕事の前代未聞の無茶ぶり話が頭からはなれず、
映画を観ながらも脳内では設計と戦略をずっと考え続けていた。
幸いにも、そんなながら鑑賞でも話しについて行ける内容の映画だったので
僕の頭のCPUは並列処理フル稼働してくれて充分楽しめた。

映画館を出た後、ららぽーと豊洲内をうろうろしながらも脳内で設計を続けていたけど
3連休の頭からこんなことをしている事にだんだん腹が立ってきたので
ここは切り替えて木場のヨーカドーでの買い出しを経由し、帰宅した。

東京は台風が近づいているせいか、外は蒸し暑く
銀座熊本館へ行く予定は取りやめて、夕刻になってから、
日本橋高島屋の8Fでやっている大東北展へ自転車で行ってきた。
そのイベントは20時までやっているのであせりはなく
久しぶりの永代橋から日本橋までの風景を堪能しながらサイクリング~♪。
しかし、到着してわかったことが
一番の目的だったまめぶ汁の店がなかなか見つからず、やっと見つけたと思ったら完売していた。
仕方ないので店員に聴いてみたら
じぇじぇっじぇ!あまちゃん効果恐るべし!(ここは大吉さん口調で)
「500食用意していたけど、午前中に完売した。」とのこと。
それでは明日午前中に来れば大丈夫かと聴いたら
「今日は開店時に400人が並んでいたので...。」とのこと。
それでは取り寄せは出来るかと聴いてみたら
「できますがネットより電話の方が確実だ。」とのこと。
と言うことで、パンフレットだけもらって高島屋から出ました。

まー折角日本橋まで来たので、向側の丸善によって行こうと思い店内に入って...
またもやじぇじぇっじぇ!
久しぶりだったので、自分の「本衝動買い癖」をすっかり忘れていて、店を出た時には3冊抱えてました。

そんな状態で19時前に帰宅。
予定通りアマゾンで発注していた本2冊が無事届きました。
って...通勤時間に読んでいる本がまだ完読しておらず
さらに既に積ん読状態の本が3冊あって合計9冊になってしまった。

その内の1冊は仕事に必要な本なので、会社に持って行って続きを読むにしても
この「本衝動買い癖」...確実に父の遺伝です。

「まーこんな日もあるわ」って思い、このブログを書いていたら
この日3回目のじぇじぇっじぇ!
吉祥寺でのミックスダウンの打ち合わせ日が間違っていないか?と言うアキユミちゃんからのメール!
すぐ確認してみたら、間違ってました。
更に正しい日時にはバス旅で20時30分新宿着予定になっていた。
すぐさま、電話とメールで日程調整の連絡をした後
このブログ書き終わりました。

つくずく自己嫌悪になった1日でした。
とほほ。
by jun_hara | 2013-09-15 00:22 | 週末

どうしてこんなに悲しいのだろう



基本的に僕は何かを作り上げるにしても
ひとりで全てする事の方が気楽で
集団に入ると息苦しくなってしまい逃げ出したくなる。

それは大好きな作編曲にしても
食い扶持であるシステム開発にしても。

しかし、何もかもそう都合のいい環境はめったにない。
それどころか、殆どがチームワークを求められることの連続で
ここのところ、気づいたらこんな年齢になったからか
祭り上げられて仕切り役になる選択を迫られることが多いように思う。

いずれにしても一人で生きてゆけないのなら
覚悟を決めて運命を受け入れるしかないのだろう。

なんでこんなことを今思ったかは
他人のプライバシーや所属チームのコンプライアンスに関わるから書けないけど
振り返れば本当にひとりだけでやってきた事なんて
短い人生の中で一瞬しかなかったからだろう。

さて、そのかわりではないけど
連休くらいはいっぱい一人旅をしたいと思うので
その分、稼がなきゃ。
by jun_hara | 2013-09-14 03:17 | 独り言

いくつもの星の下で


NHK FM Live, 1980/12/31,
このエアチェックを聴いて僕はオフコースファンになりました。
以来、何百回聴いたかわかり­­­ません。
オフコースはアルバムよりライブのほうが圧倒的にいい。

鈴木康博さんとは僕が軽井沢フォークライブの総合プロデュースを勤めている時に
出演を承諾して頂いた時からの縁で
こんな凄い人と深夜に酒を酌み交わすことができたことは大切な思い出です。

その時に酒の勢いも手伝ってか、
小田さんのことやオフコースの再結成などについて
正直な言葉を聴かせてもらったのですが
その内容について公にするには時間が経っていません。

ただただ終生僕は鈴木さんと小田さんを敬愛し続けると思います。

小田和正 vo., key.
鈴木康博 vo., gui.
松尾一彦 gui.
清水仁  bass
大間ジロー ds.
by jun_hara | 2013-09-11 21:16 | music

父の1周忌と日比谷野音90周年


9/8は父の1周忌。
午前10時より法要があり11時過ぎに終了。

その後、僕は宴席には出ず、叔父に魚住駅まで送ってもらい、新幹線で帰京。
午後16時からの日比谷野音90周年ライブカシアスの3人と向かった。
チケットは海援隊の千葉さんの伝手で良席チケットを入手させて頂いていた。

ところが本番が始まるとともに雨が降り出し、
その雨は強まるばかりで豪雨となり、2時間もたたずに急遽終演。

その後4人で飲みに行くため銀座のカチカチ山へ。
来年はカシアスのCD全国発売制作に関わらせてもらいます。
談笑は3時間近くに及び、帰宅したらすっかり23時を過ぎていた。

現在読んでいる本
半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)
by jun_hara | 2013-09-10 01:33 | 出来事

良書との出会い


やっと永遠の0 (講談社文庫)を読み終えた。
570ページに及ぶ長編小説を読んだのは久しぶりだった。
著者からのコメントで
この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。

とある。

僕らのような戦前・戦中・戦後を経験していない世代は
憲法に定義されている言論の自由を謳歌し
やかましいほど簡単に愛を歌ったりするけど
今回の本を読み終えて
これらが決して当たり前ではなく
過去の深い歴史の上に立っていられることを痛感させられた。

9/8は父の1周忌である。
父の生まれたのは1934年(昭和9年)であり、終戦が1945年であるから
11歳で「これまで学校や国で教えられてきた歴史はうそでした。」と言われた世代になる。
父は自費出版を3冊も出しているほど文学好きであったにも関わらず
歴史についてはまったく関心を示さなかったのも
これらに起因するからではないだろうか。
父には訪ねていないから、もう知る由もない話だけれど。

僕は小学生の頃、日本の城に興味を持ち、歴史好きになった。
しかし若いころは戦前・戦中・戦後について断片的にしか勉強しなかったので
今につながる歴史を深く勉強しだしたのは30歳を超えてからである。

なのでなかなか固有名詞を記憶することが難しいのであるが
これらの時代から今に至るまでの真実については
勉強すればするほど如何に無知であるかに気づかされる。

僕らの世代は平和ボケまでとは言わないが
イディオロギー、社会不安、社会的差別とは無縁で若い時を過ごしたため
いや、それらはいつの時代にも存在していたのにも関わらず無関心であったため
明らかに命や人心の重み、それに国とは何かと言うことについて無頓着になりがちである。

そんな世代の僕にとって、今回の本との出会いは
どんな時代の経過を経て生まれ
これからどんな時代にあらがってでも生きていかなければならないか

を沈思黙考するため、謙虚な気持ちで多くを学び、
物事を複眼的に観ることができるよう努力していかなければと思った
良書との出会いだった。
by jun_hara | 2013-09-07 05:30 | 映画