<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カウンセラーの3条件

カウンセリングの父、カール・ロジャースが提唱したカウンセラーの3条件は有名である。
整理すれば
◆共感的理解
クライアントの話をあたかも自分のことのように受け止め、理解を示す。カウンセラーの枠組みではなくクライアントの枠組みで感情や考えを理解していくということ。あくまでも「あたかも」という性質を失わないことが重要である。
◆無条件の受容
クライアントのありのままをすべて受け入れると言うこと。すべて受け入れ肯定することでそこに何かが生まれると信じている。
◆自己一致(純粋性)
カウンセラーが自分を偽らず、自分自身に対して誠実なことであり、あるがままの自分を受容していることをいう。たとえば、自分がクライエントを嫌ったり恐れたりしているとき、それをごまかさないで、素直にそのことを認めて自らを許していることである。
となり、「言うは易く行うは難し」なのは周知である。

しかし、話はここで終わらない。
ロジャースはこの3条件を発表した翌年、新たに一つの条件を加えた。
要するに、カウンセラーがこれらの態度を身に着けていても、クライアントに伝わらなければ意味がないということである。
これはロジャース自身が真摯にこの3条件と向かい合っていたことを意味するだろう。

心理学者に限らず、実践の伴わない理論家にはこの柔軟性が希薄な場合が多い。
とりわけアカデミックに固執するあまり、難解な用語や理論で煙に巻こうとし、最後は自分の言い訳けで締めくくらないと終われない人たちも少なくない。これは今に始まったことではなく、古代ギリシャ時代から「論理のための論理」すなわち詭弁として忌み嫌われていたことである。

真理の追求に難解さが伴うことは事実であり、誰もがこれに憧れる。
しかし自分の言葉にできるかどうかにかまわず、難解な用語で語ることは慎むべきだろう。
本来理解できるはずの説明や伝達を放棄したならば、それは自己陶酔にすぎないからである。
本当にスマートな人は、語る人により説明の仕方をわきまえているのである。
しかし、他者の説明に同一化してしまっていないかに気づかないならば、無意味なモノマネになり滑稽であるだろう。
カウンセリングや心理療法はクライアントにだけでなく、あらゆる人にアカウンタビリティを負っている「実践」である。
そういった意味でロジャースの言う「傾聴」と言うのは「言うは易く行うは難し」なのであって、論理的に難しいわけではなく「真摯な気持ちがあるか」という点で「実践」が難しいのである。

要するに臨床心理学は「実践の学」であるところに存在理由があるため、現場で説明できる能力がない者は関わるべきではない。
はっきり言えば社会性のない者が正常とか異常とか言える立場ではないのは明らかであり、ましてや軽々しく「個性化」を口走ってはいけないのである。
昨今、効果研究ブームであるが、この点を忘れては間主観どころか、自分さえも客観的に判断しているとは言えないだろう。

臨床心理学の実践家を目指す場合、まずは構成概念を自らに当てはめるところから始まると思われる。
by jun_hara | 2016-05-18 21:28 | 独り言

ノンバーバール

今日は宿題になっている5分間即興カウンセリングのロール・プレイ逐語録を文字起こししたのだけど、これがまた難しい。
遂語録とは、会話を録音し、録音内容の「再生」「停止」を繰り返しながら、一字一句、発言の内容を変えずに、文章に書き取ることなんだけど...国会などの議会や法廷での論述に限れば、この定義はまったく疑いの余地はないよなあ。要するにどの議事録も速記者が居て文字起こしをするのだけれど、実際にはテープ録音からオペレーターが文字起こしをしており、速記録はその保証のために保管されるわけで、明文化されるこれ以上の意義はないだろうし。
※最近の国会の議事録は疑わしいところがあるけどね。

でも、心理カウンセリングとなると話は違うよなあ。
録音した会話のニュアンスが、文字表現だけでは限界を感じてしまう。
※それとも欧米の文化圏ではこれだけで充分な説明率があるのだろうか。

少なくとも、文字起こしだけでは、言葉とメロディーにこだわって作編曲してきた立場からすると、リズムや抑揚、それにセッションする相手との波長の同期がまったく表現できない。専門用語にするとノンバーバール・コミュニケーションの要素を充分に盛り込むのが難しいのだ。こんなこと言ったら、医者から聴覚過敏の疑いがあるように診断されるかもしれないけど、もしそうなら、プロの音楽家なんて99%がそうなってしまうじゃん。

ある意味、作詞家など言葉だけを生業にしている人へ尊敬の念が増したのだけれど...
心理学が科学を標榜するのなら、その応用である臨床現場では、テキストマイニングによる音声データベース開発が急がれるようにも思ったのだ。

手作業による逐語録は臨床家の訓練として絶対必要に変わりはないはず。でも、今の時代、従来の厳格な質的研究として事例研究法をやる場合、このままでは一事例だけで一生ものではないかと痛感する。ナラティブなど質的ブームらしいけど、もっと現場の意見集約法として音声データ解析など量的研究の向上が急がれるんじゃあないかなあ。
そうじゃないと、いつまでたっても日本の臨床心理学は医学のおまけのままじゃないかと思われてしまうじゃん。
by jun_hara | 2016-05-11 22:41 | 独り言

だまって俺について来い



とどのつまりは、これが究極のネガティヴ・ケイパビリティじゃん。
by jun_hara | 2016-05-10 20:55 | music

夕陽を追いかけて



財津さんも68歳やからなあ。
みんな年とるはずやん。
by jun_hara | 2016-05-10 00:57 | music

解り合うなんて必要はない



人工知能にしても、トランスパーソナルにしても、マインドフルネスにしても、
たどり着くところは
こういった世界観なんだと思うなあ。
そこまでは果てしなく遠くて近いけど。

生まれる星

作詞作曲:財津和夫

喜びも 哀しみも 捨ててしまおう
ただ 流れる 河のように
幸せに なればいいんだ

幸せを 探すのは 止めてしまおう
幸せな 身体になってしまおう

NO.909 ふたり乗せた
宇宙の船は 走る
NO.909 光 超えて
今 そこに 生まれる星へ

人と人なんて どうせ異質うものだから

解り合う 必要はない
君さえ ここに 居ればいい
人と人なんて どこか似てるものだから
解り合うなんて 必要はない

NO.909 ふたり乗せた
宇宙の船は 走る
NO.909 光 超えて
今 そこに 生まれる星へ

青色にかすんでいる 生まれた星が遠くなる
あそこには もう何もない
涙 流せば すべては終わりさ

銀色に輝く 生まれる星がみえてきた
わずかな 地球の愛をはこぼう


NO.909 ふたり乗せた
宇宙の船は 走る
NO.909 光 超えて
今 そこに 生まれる星へ

by jun_hara | 2016-05-04 16:53 | music