ささやかなこの人生

花びらが散ったあとの
桜がとても冷たくされるように
誰にも心の片隅に
見せたくはないものがあるよね

だけど人を愛したら
誰でも心の扉を閉め忘れては
傷つきそして傷つけて
ひき返す事のできない人生に気がつく

やさしかった恋人達よ
振り返るのはやめよう
時の流れを背中で感じて夕焼けに涙すればいい


誰かを愛したその日には
例えばちっぽけな絵はがきにも心が動き
愛を無くしたその日には
街角の歌にもふと足を止めたりする

風よ
季節の訪れを告げたら寂しい人の心に吹け
そして巡る季節よ
その愛を拾って終りの無い物語を作れ


やさしかった恋人達よ
ささやかなこの人生を
喜びとか悲しみとかの言葉で決めてほしくはない

by
by jun_hara | 2010-06-16 21:34 | music


<< 女友達 4半世紀 >>