半生

遠くを見つめる目と足下を見つめる目

僕はいつもこの言葉をまるで「南無阿弥陀仏」のごとく自分に言いきかせてきた。
でも実践は難しいね。

誰だって人に嫌われたくないから。
しかし、男には避けて通れない道がある。

今回の大河ドラマでの武市半平太のように。
by jun_hara | 2010-06-30 21:50 | 独り言


<< 予感 孤獨について >>