1.17

1995.1.17も2011.3.11も紙一重で救われてきた。
そこに宗教的な意味は求めないけれど、昨年の父の他界前後から不可思議な天命を感じている。
ただの錯覚だろうか。
by jun_hara | 2013-01-17 23:35 | 独り言


<< 歴史への誘い 佐久間象山 >>