我が輩は猫になりたい



先日、まめぶ汁を食べに護国寺にお泊まりした時の話。
生まれ変わったら何になりたいか。
二匹の猫がのんびりしている部屋で
「僕はこいつらになりたい。
 でも犬は絶対いや。
 人間も絶対いや。
 猫になりたい。」
と言った。

「首輪を付けられて縛られたくないし。
人間みたいに金や汗をかくことにあくせくしたくない。」
と。

そう言えば護国寺の家族が何があってものんびり見えるのは
猫と一緒だからだろうか。
部屋も空いているし引っ越ししようかな。

ちなみに体中に汗腺がある生物はヒトだけである。
サルでさえそれはない。
ヒトが人類と呼ばれ地球中に生息できるようになったのも
この汗腺があって体温調整が可能であったから。
寒い地域では火を発見したこともあり、降雪地帯でも生きられるようになった。
それとは引き替えに、人間には恥とか誇りとかプライドとか言って
他の動物には必要のない人心を背負うことになる。

結果的に今に至って、国境という動物には関係のない線を引いて
同朋を殺さなければ生きていけないと言う
最悪、かつ、引き返せない道を歩み続けている。

見えない明日は来なくていい

「今さえよければ
今幸せなら」
どうしてそんなこと思っていたの?


相反するこの歌詞が今は凄く身にしみる。

休日出勤から帰ってきて酒を煽った勢いで書いた愚痴でした。マル!
by jun_hara | 2013-10-12 23:44


<< 雨の街を まめぶ汁~! >>