旅の後



昨年から道楽になってしまったぶらり旅。
一見衝動的にみられがちですが、これは僕の子供の頃からの夢でした。
3歳の頃から両親共働きになって、
ひとり家に居る時間に、父が買っていた日本分県地図というものを書き写すところから、
頭の中に自然と日本地図が残るようになったのです。

そして、小学生の高学年になって日本史を学ぶようになり、
その時の流れと多様な日本地理が、僕の中で訪れてみたい好奇心の風船になっていったのです。

これが実現出来るようになったのも、ジェットスターなどのLCCやHISなどの格安ツアーの普及があったから。
飛行機往復が1万円を切ることと、東京と地方の価格差があってのことでした。

その旅も明日の高知と2月の高松を残すのみ。
高知は僕が唯一行ったことのない四国です。
高松は昨年末にLCCが就航し、成田からの片道が3,490円で行けるようになりました。

この二つの旅を終えたら、週末ぶらり旅は一段落して、
これまで温めてきたことに集中しようと思ってます。
旅とは無関係なことですが、具体的にはその結果をもって報告にできればと思っています。

でも新たなLCC就航ができれば、また行くかな。
by jun_hara | 2014-01-17 21:53 |


<< 唇をかみしめて 隣国 >>