人気ブログランキング | 話題のタグを見る

余裕を持つこと


いろいろ考えさせられた1週間だった。

マスコミの発信する内容では
ウクライナを取り巻く世界情勢。
ネットでのベビーシッターの事件。
福島第一の除染状況。
浦和レッズ無観客試合。
などなど。

今朝のサンデーモーニングで、ネット社会の人との関わり方がテーマになっていが
メールやSNSなどの文字だけで伝え合う事に、一番不慣れなのは僕らの世代かもしれない。
コメンテーターの言葉で、
「メディアの情報は全て間接的情報である。
 それがわかっているなら少なくとも自ら足を運んで確かめに行く。
 だからと言って真実が確かめられるわけではないけど。」
というのがあったが、これこそ僕が心理学で学んだ内容ではなかったか。
本当の優しさには、母性と父性の二つがあって
これを使い分けることの難しさを忘れていないかとか、
ノンバーバルコミュニケーションの重要性とか。
時代や忙しさのせいにして、ついつい時間に追われ、会うまで待つことができなくなってしまい
メールやメッセンジャーだけで済ませてしまう。

こんな時は暫くじっくり考える余裕をもったほうがいいのだろう。
桜が咲く時期を待つように。

現在、戦後史の正体という本を読み終えかけていて
並行して久しぶりにこころの最終講義という本を読んでいる。
まだまだ復習しないと、忘れてしまっている大切なことがいっぱいある。
by jun_hara | 2014-03-23 22:52 | 独り言 | Comments(0)


<< K氏へ 僕にとっては... >>