やっぱり音楽が好き!

やっぱり音楽が好き!_e0027033_0522250.jpg今日は午後から休日出勤をして江東区文化センターで行われた谷山浩子コンサートへ行ってきました。開演が午後5時30分からということもあり会社へはいつもの休日出勤ように豊洲まで自転車で行き、そのまま東陽町のコンサート会場へと向かったのです。今回のコンサートでは珍しくサポートなしで谷山さんのピアノ独奏だけで行われたのですが大満足のひとときでした。本来なら石井AQさんというプロデューサー兼シンセサイザー奏者のサポートがl必ずあって行われていたのですが、30年以上のキャリアだけではないと思いますが、あらためて「ピアノの弾き語りだけでここまで楽しませてくれることがあるんだ」と思った次第です。もちろん演奏だけでなくMC自体がその場の雰囲気を和ませてくれたこともあったのですけどね。
そして僕が大好きな「窓」や「夜のブランコ」も選曲されていました。

谷山さんは十代からメジャーシーンで認められて多くのCD(ベスト番も含めて)を出してきているのですが、今回はsiro to kuroというタイトルの2枚組みCDを発売したのです。当然僕は購入しましたが。その1枚の白いCDはこれまでのベストと変わらず人気のあるもの、そしてもうひとつの黒いCDは従来ならベストCDに入らない対極にある埋もれてしまうような楽曲をレコーディングからマスタリングまで自分でやったとのこと(そして楽曲に対するライナーノーツ...つまり曲誕生のコメントまで)。不思議だったのは僕が大好きな「てんぷら☆さんらいず」という曲が黒いほうに入っていたことかな。この曲は僕が浪人時代に谷山さんがオールナイトニッポン2部のオープニングで起用していたもので、すごく言葉遊びに優れた名曲なのです。初めて僕が東京の街である新宿や表参道というものを知りたいと思った唄でもありますし。

帰宅してからは午後10時からNHKのBS2でユーミンの愛・地球博で行われたライブ特集を観たのです。
こんな大きなイベントだからでしょうか。フルグランドピアノを6台バッキングにした荘厳な演奏、そして、アルバム「水の中のASIAへ」の頃からだと思うのですがアジア人を意識したキャスト構成など50歳を越えてまで色褪せないライブをやってきた片鱗に感動したのです。
僕も何時かは誰にも言っていない企画のライブが出来ればと思ったのです。

今回の写真は谷山浩子コンサート終演後の江東区文化センター大ホールです。
by jun_hara | 2005-12-24 01:20 | 週末


<< 風邪 忘年会シーズン >>