今年観た映像で一番記憶に残っているもの

今年観た映像で一番記憶に残っているもの_e0027033_201455.jpg今年は幾つかの映画やビデオ、DVDを観てきたけれど一番記憶に残ったものは何かとたずねられるとブラザーフットだと思う。僕が関学の社会学部の時に朝鮮半島の歴史を多少教えていただいたのだけれど、こんな内容は聴いた事もなく衝撃的だった。ある意味ハリウッドの焼き直しという批判もあるかもしれないけど、本当に戦争の悲惨さがわからない僕の年齢より下の人達には是非観てもらいたい内容だと思う。朝鮮半島の悲劇的な歴史は欧米がアジア植民地をもくろんで始まったということもあるけれど、この日本にとっても無関係ではないのだ。戦前戦後も含めて第2次世界大戦後に日本が奇跡的な高度成長をむかえたのもこの戦争があったからなのだから。
しかし、現状ではこの日本も右傾化していると言われる程、イラクなど世界の紛争についても想像力がはたらかない状態だと思う。ただ、願わくばこのビデオでもDVDでもいいから平和ボケしているという日本から本当の歴史を考えてほしいと思ったのだ。もし今後この世界で生きていく気がある人なら、本当の平和を願う心には、その対極にある戦争の悲惨さを想像できるかにかかっていると思うから。
ちょっと固い表現になったけど、酔っ払ったら僕はこんな感じで~す。
by jun_hara | 2005-12-29 02:11 | 独り言


<< 仕事納め 秋山羊子バースディライブ >>