11月5日のライブ

さて、軽井沢から帰ってきてやっと落ち着いたので先週の日曜日に出演したSOKEHS ROCKのことを書いておきます。
今回の企画ライブに誘ってくださったのはPちゃん(P太郎)の高校の先輩であるMayさんからでした。場所は四谷三丁目駅からすぐのビル2階にあるライブレストラン。店内は前回掲載した熱帯魚の水槽があってお洒落な造り。Drumsもあるのでロックバンドも演奏でき、ダンディな店長さんがいて、これまた大人が楽しめる雰囲気が充満しているのだ。
そして今回の出演者もみんなバラエティにとんでいた。

一番手はユウトBAND。さんまのからくりTVで紹介された小学生の可愛いギター少年で、Mayさんが別のイベントで知り合って今回出演することになったのだ。演奏が始まると大人顔負けのテクニックでハードロックのE.Guitarをかき鳴らす。観客も初っ端からお祭り騒ぎだった。

そして二番手は僕ら原淳&P太郎だったのだけど、最初は僕の練習不足で観客を振り向かせるのが難しかった。でも最後の曲ではみんな注目してくれてなんとか乗り切った。

三番手はコタン仲間でもある桜井雄作&P太郎。このふたりは高校から一緒にやってきたので息がぴったり。雄作さんはコタンでもやっているようにトリのバンドに繋げるいいムードでやってくれた。

さてトリの藤井章二&鶴賀一史&Mayは日本ロック・シーン屈指のギタリストであるCHARのカバーを完璧にこなしていてみんなE.Guitar&E.Bass&Drumsのキメの凄さに釘付けで締めくくってくれたのだ。

兎に角今回は日頃あまり接する機会のないロックバンドライブの凄さに洗脳されてしまったのだ。

プロのドラマーである藤井章二さんと最後挨拶した時、固く握手をして下さりながら「これからもいい歌詞の唄を作って下さいね」って言われて「やってよかったー」て思ったのだ。そう、最近は僕の唄のメッセージについて嬉しい言葉を頂く事が多くなってきた。でも、演奏はもっと練習してロック大好きな方達も僕等の世界に引き込めるようにしなければね。

Mayさんこれからもヨロシクでーす。

セットリスト
Opening.記憶に残ってる with a A.Guitar( and on E.Bass by P-TARO)
1.かわりばえのしない毎日 with a A.Guitar( and on E.Bass by P-TARO)
2.生まれた街で with a A.Guitar( and on E.Bass by P-TARO)
3.雨の街を(荒井由実カバー) with a E.Piano( and on E.Bass by P-TARO)
4.遠距離恋愛 with a E.Piano( and on E.Bass by P-TARO)
5.女友達 with a E.Piano( and on E.Bass by P-TARO)
by jun_hara | 2006-11-12 23:46 | 週末


<< 祭りの後 うっひゃー! >>